ロードレースとロードバイク

イタリアTT王者マッテオ・ソブレロがバイクエクスチェンジへ移籍

今年アスタナで走っていたイタリア人選手、マッテオ・ソブレロが、来年からバイクエクスチェンジで走ることになった。バイクエクスチェンジのツイッターをどうぞ。

マッテオ・ソブレロは今年イタリア選手権の個人TTで初めて優勝。まだ24歳という若さだが、フィリッポ・ガンナ、マティア・カッタネオ、エドアルド・アッフィーニといったスペシャリストたちを押しのけての優勝。しかも2位とは26秒差をつけた余裕の勝利。強い。

ソブレロは2020年にチームNTTと契約しワールドツアーチームにデビュー。同年にジロ・デ・イタリアを走り、今年はアスタナへ移籍して再びジロ・デ・イタリアに出場。最終日の個人TTでは4位に入っている。今年のツアー・オブ・スロベニアでは総合3位でフィニッシュ。

バイクエクスチェンジではおそらくグランツールでのエンジン役を務める1人となるのではないだろうか。そうやってグランツールでの経験を積みながら、やがては総合系選手や逃げ屋に転向というのも考えられる。なにしろTTが強いだけに可能性は無限大。一週間程度のステージレースならばエースとなる未来もある。

契約期間は2年で、2023年まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください