ロードバイクとロードレース

ダリオ・カタルドがTrek-Segafredoに移籍

アメリカのワールドツアーチームのTrek-Segafredoから、現在Movistar(ブタ的呼称:モビ☆スタ)で働くベテランイタリア人、ダリオ・カタルドの移籍が発表された。Trek-Segafredoのチームツイッターをどうぞ。

契約は1年。本件契約をもってTrek-Segafredoは2022年に向けた契約を完了。来年に向けたチーム編成を終えたことになる。

カタルドももう36歳。プロとしてワールドツアーチームデビューは2009年のQuickstep-Innergetic。2013年にはチームSkyへ。そして2015年からはアスタナ。アスタナで5年(2015~2019)走っていたが、この期間が本人のキャリアの中で同一チーム在籍期間として最も長いものになった。そして2020年からはモビ☆スタだ。

昨年はツールとジロに出場し、今年はジロに出場。今年はその他に、ティレーノ~アドリアティコ、カタルーニャ一周、ロマンディ、ツアー・オブ・ブリテン、イル・ロンバルディアなどの有名レースに参戦。アシストとして堅実な仕事を1年間続けられるベテラン選手だ。チームからもリーダー的役割を期待されているだろう。

なんでも、Trek-Segafredoのマネージャーを努めるルカ・グエルチレーナ(Luca Guercilena)とはQuickstep時代にいっしょだったようだ。また、Trek-Segafredoの山岳&総合エースのジュリオ・チッコーネ(Giulio Ciccone)とも同じイタリア人としてすでにトレーニング仲間となっているらしい。

ちなみに来年度に向けてTrek-Segafredoに加わる新戦力としては、今回のカタルド以外にも、以下のような選手がいる。

  • Jon Aberasturi
  • Tony Gallopin
  • Antwan Tolhoek
  • Filippo Baroncini
  • Otto Vergaerde
  • Simon Pellaud
  • Daan Hoole
  • Markus Hoelgaard
  • Asbjørn Hellemose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください