Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

元世界王者・競輪選手のテオ・ボスが引退。中国のコーチに就任へ

元競輪選手のテオ・ボスが引退し、中国でコーチに。

Share your love

かつてロードレースでも活躍していたオランダ人のトラック選手テオ・ボス(Theo Bos)が引退を表明した。

情報源:Theo Bos ends sprinting career for coaching role in China

現在38歳になったテオ・ボスは、これまで5度のトラック世界選手権で世界王者に輝いてきたスプリンター。かつてはラボバンク、サーベロ・テストチーム、ベルキン、MTNクベカ、ディメンションデータといったロードレースのチームでも走っていた。

また2019年までは日本の競輪でも走っていたので競輪ファンにもおなじみか。

残念ながら東京五輪にはオランダ代表として選ばれず最後の五輪への出場は実現しなかった。

そんなテオ・ボスは引退後に中国のコーチとなるようだ。最近日本のトラック界は外国人チームによる指導などが実を結び好調な結果を世界レベルであげているが、中国もテオ・ボスのコーチ就任によりパリ五輪に向けて急速にレベルアップしてくるかもしれない。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6535

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!