ロードレースニュース

ユンボ・ヴィズマにコロナ感染者。チームトレーニングキャンプが途中で終了

今年も最強チームの一角となるであろうユンボ・ヴィズマ(Jumbo-Visma)。昨日までスペインチームトレーニングキャンプを実施していたところだが、突然に途中中止となってしまった。その理由はコロナ感染者がチーム内から出たからだ。チームツイッターを見て欲しい。

チーム側のコメントによると、「当然想定していたこと」。いざコロナ感染者が出たときの対処法・シナリオなどは始めから用意してあって、そのとおりにキャンプをすぐに中止し、そして感染拡大を防ぐ方策などの行動をとったとのこと。

感染したのは誰かは不明。選手なのかスタッフなのかも明らかになっていない。

急速に世界を塗り替えつつあるオミクロン株だが、重症化しにくいとのデータもあるようだ。今回の感染もオミクロン株の可能性は高いと思われる。そしてワクチンの効能なのか不明だが、感染した選手・スタッフも重症化しない方向を期待したい。

ただ重症化しにくいとはいえ、今後のオミクロン株の勢力またはさらなる新株の登場次第で今後の様々なレースがキャンセルになっていく可能性もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください