カレブ・ユアンに何が起こったのか?2022ジロ・デ・イタリア第5ステージの2級山岳での遅れについて

昨夜の2022ジロ第5ステージは中盤に2級山岳のポルテッラ・マンドラッツィ(Portella Mandrazzi)が登場。そこでピュアスプリンターのマーク・カヴェンディッシュとカレブ・ユアンが大きく遅れた。

クイックステップとロット・スーダルはそれぞれ2人をアシストしてプロトンに合流させるべく奮闘したが、最後はゴール前スプリントが予想されるステージだっただけに、その強い2人を置いてけぼりにしたいチームの思惑もありプロトンは爆走。大きな差をつけた。

ついに両チームはプロトンに追いつくことを断念。最後はメイン集団から11分以上遅れて仲良く揃ってゴール。

そんなステージで気になったのが、

ということ。

個人的にはカレブ・ユアンのほうが登りに強い印象があるだけに不思議だったが、どうやらユアンは運に見放されていたようだ。いったい彼に何があったのか?

情報源:Bad luck continues for Caleb Ewan at Giro d’Italia

この記事によると、どうやらユアンは最悪のタイミングでメカトラに襲われていたようだ。

2級山岳ポルテッラ・マンドラッツィで本格的に登りが始まろうというまさにそのときに、ホイール交換しなければならない事態に陥ったのだ。

その登りは距離19.6km、平均斜度4%。斜度はそれほどでもないがとにかく長かった。そこでアルペシン・フェニックスらが速度をあげた。そして両チームとも大きな遅れをとってしまった。

カレブ・ユアンは第1ステージのゴール寸前でちょっとしたミスにより落車し負傷。そして昨夜はメカトラに泣かされるなど、どうも今大会は運がないように思われる。

どこかで運気が変わることがあればいいのだが、はたして・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください