ロードレースとロードバイク

ツール・ド・ハンガリーで大クラッシュ

昨日のジロ・デ・イタリア第6ステージの裏で開催されていたツール・ド・ハンガリー第2ステージで、ゴール前で大楽ッシュが発生した。さっそく動画を見て欲しい。

集団先頭にいて、落車に巻き込まれなかったクイックステップのエース、ファビオ・ヤコブセン(Fabio Jakobsen)が勝利。

第1ステージでは満足なスプリントができなかったが、第2ステージでその借りを返した形か。これで今シーズン6勝目となったわけだが、あらためて集団先頭にいることの重要性を知ることができる。

この大落車に巻きこまれ負傷したのが、第1ステージの優勝者でユンボ・ヴィズマの期待の新人スプリンター、20歳のオラフ・コーイ(Olav Kooij)だ。

コーイは、ふくらはぎを深く切ったため病院でその傷の縫合を受けた。

そして傷の具合からして、翌日のステージは無理と判断。第2ステージ完走を以てツール・ド・ハンガリーをリタイアという結果になってしまった。

ただ大きな落車だったにもかかわらず、骨折などが重傷を負わなかったのは不幸中の幸い。若いので傷の治りも早いだろう。しっかりと治して次のレースに備えてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください