サイモン・イエーツはツール・ド・フランスに出場できるのか?

ツール・ド・フランスの前哨戦となるクリテリウム・デュ・ドーフィネは登りばかり。そんなステージレースにはピュアスプリンターは普通は参戦しない。それは今年のドーフィネでも同じ。

しかしオーストラリアのワールドツアーチームのバイクエクスチェンジは、そんなドーフィネにあえてエーススプリンターのでディラン・フルーネヴェーヘン(Dylan Groenewegen)をつれていった。

実際に彼は毎日登りでプロトンから遅れて1勝もできなかったわけだが、バイクエクスチェンジとしては想定通り。なぜなら、チームがドーフィネに彼を連れて行った目的は、ハードな山を含むツール・ド・フランスの三週間を乗り越えるために高い強度のトレーニングを積ませることだったからだ。それは以下の過去記事でも紹介した。

関連過去記事:嘆きのバイクエクスチェンジとディラン・フルーネヴェーヘン。2022ドーフィネ第1ステージ

つまり、ピュアスプリンターとしてディラン・フルーネヴェーヘンがツールに出場するのは確定しているわけだが、バイクエクスチェンジのツールでの戦略というパズルを完成させるには、彼とマイケル・マシューズ以外にも、最後の1つのピースがまだ残っている。

それは、ジロに出場して2勝を挙げたサイモン・イエーツ(Simon Yates)だ。

情報源:BikeExchange-Jayco counting on Dylan Groenewegen to deliver during the Tour de France

情報源記事でチーム側が言うには、チームとしてはまだ「サイモン・イエーツのコンディションがどうなるかを注視しているという状態」のようだ。

というのもサイモン・イエーツはジロ第4ステージで膝を痛めて、その後第17ステージのゴール前40kmでバイクを降りてリタイアをしていた。

関連過去記事:1級山岳でマチュー・ファン・デル・プールが!2022ジロ第17ステージの感想・結果とハイライト動画

サイモン・イエーツは今は順調に回復中のようだが、それでもまだツールに出場させるかはなんとも言えないということのようだ。

ただチームとしては彼がたとえ出場したとしても、あるいは出場しなくとも、総合成績ではなく、あくまでステージ優勝を狙いにいくのがチームの目標だと語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください