ロードレースニュース

チームEFが南アフリカの25歳ステファン・デ・ボッドと契約

チームEFことEF Education-EasyPostから、今年までアスタナで走っていた南アフリカ人選手で25歳のステファン・デ・ボッド(Stefan de Bod)の移籍が発表された。

契約は2年で、2024年まで。

ステファン・デ・ボッドは10代の頃からロードレースをやっていてTTに強かったようだ。2016年からUCIコンチネンタルチームのDimension Data for Qhubekaに所属。そしてそのまま2019年にワールドツアーチームとしてのDimension Dataでワールドツアープロデビュー。

その後2021年からアスタナで今年まで走っていた。

今年はUAEツアー、パリ~ニース、イツリア・バスクカントリー、フレッシュ・ワロンヌ、リエージュ、ロマンディ、ドーフィネ、クラシカ・サン・セバスティアンなどの有名レースに出場。ただ今年はグランツールには出場していない。

チームEFの評としては、デ・ボッドの潜在能力は高く、これまで過小評価されてきた選手の1人だというものだ。チームEFとしては、今後丘陵地帯などアップダウンのあるステージで大きな成果を出してくれると期待している。来年度はアルデンヌ・クラシックやグランツールの丘陵ステージで逃げる姿を多く見られるかもしれない。

2 thoughts on “チームEFが南アフリカの25歳ステファン・デ・ボッドと契約

    1. おっとこれはうっかり「10年前にもどりたい・・・」というの願望が現れてしまっていたブヒね。

      修正完了。感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください