Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレース2023ジロ・デ・イタリア第7ステージ

2000m超の1級山岳でフィニッシュ!今夜のジロ第7ステージのコースについて。2023ジロ・デ・イタリア

ついに大会最初の1級山岳ゴールが登場!2023ジロ・デ・イタリア第7ステージのコースについて

Share your love

昨夜の2023ジロ・デ・イタリア第6ステージは2名の36歳ベテランコンビによる逃げ切りなるか!?と、ゴール前数百メートルでプロトンが背後に迫る展開に大興奮の1日だった。

そして先日Jスポで無料配信されることが決定した今日の第7ステージは、ついに今大会初の標高2000m超の1級山岳がゴールの舞台だ。

Jスポがあえて、土日の第8(丘陵)・第9(平坦個人TT)ステージではなく、平日夜(はなきんではあるが)の、そして総合争いが活発化するであろうこの第7ステージを無料配信しようとした判断にブラボー!ブラボー!

第7ステージのコースと1級山岳グラン・サッソ

その第7ステージのコースプロフィールがこちら。

2023ジロ・デ・イタリア第7ステージのコースプロフィール
大会公式サイトより

最後の山頂フィニッシュの1級山岳グラン・サッソは次のようなプロフィールだ。

2023ジロ・デ・イタリア第7ステージのコースプロフィール
大会公式サイトより

この最後の1級山岳グラン・サッソは、平均斜度こそ3.4%とプロにとってはなんでもない数字だが、登坂距離26.4kmと長いため難易度が少し高い感じだ。次の動画が最後の山岳コースの様子。

積極的に何度もアタックを繰り返すようなタイプのクライマーよりは、ジェイ・ヴァインのように淡々と一定のペースで、高い出力を維持しながら登るのが得意というクライマーのほうが今回は向いているのではないだろうか。まさしくそのジェイ・ヴァインが優勝狙ってそうだが・・・?

また山岳賞ジャージを守るべくティボー・ピノ(Thibaut Pinot)もどこかで必ず動くのではないか。ベテランの巧者ぶりをみせ、総合勢たちの間隙を見計らって抜け出す姿が見られるかも。

今日の鍵はイネオス?

総合勢も間違いなくグラン・サッソで誰かが攻撃に出るはずだ。もちろん注目すべきはレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)・・・と言いたいところだが、今日最も注目すべきはイネオスの動きかもしれない。

クイックステップについてはおそらく1級山岳に入ったところか、その早い段階でアシストが全員いなくなり、レムコが孤立すると予想される。一方でイネオスはうまくいけば5、6人を残した状態でグラン・サッソを支配するかもしれない。イネオスの波状攻撃がレムコを襲う!?

優勝予想は・・・やはり最後のジロに燃えるティボー・ピノで!

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

2 Comments

    • 現実的にはやっぱり厳しいブヒね。でも最後のグランツールでステージ優勝する姿を見たい・・・

      なお実はAG2Rの誰かが優勝しそうな気がするブヒ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!