Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

ワレン・バルギルのDSM移籍が正式発表

ワレン・バルギルのチームDSM移籍が正式に発表

Share your love

これまでこのブログでも紹介してきた現Arkéa-Samsicのワレン・バルギル(Warren Barguil)の移籍情報だが、昨日チームDSMこと、Team dsm-firmenichから正式に発表があった。

もともと少し前にArkéa-SamsicのGMがメディアに対して移籍を認める発言をしていた。(過去記事:バルギルがチームDSMへ移籍。アルケアのGMが認める

契約期間は3年で2026年まで。

現在31歳になったワレン・バルギルは2011年に研修生として現在のArkéa-Samsicの前身となったチームで、当時のプロコンチネンタルチームのBretagne Schuller(ブルターニュ・シュラー)に所属。

翌年には現Team dsm-firmenichの前身のArgos-Shimano(アルゴス・シマノ)へ移籍。そこで数年走り2018年に当時のTeam Fortuneo – Samsic(Arkéa-Samsicにチーム名が変わる前のチーム)へ移籍。そして今に至る。

2017年にはツール・ド・フランスでステージ2勝を挙げ、2013年のブエルタ・ア・エスパーニャでもステージ2勝を挙げるなどしている。

関連記事:バルギルがチームDSMへ移籍。アルケアのGMが認める

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!