Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

バルギルがチームDSMへ移籍。アルケアのGMが認める

ワレン・バルギルがTeam dsm-firmenichTeamに移籍か。アルケアのGMが認める

Share your love

フランスチームのアルケア・サムシック(来年からArkéa–B&B Hotels)のエース、ワレン・バルギル(Warren Barguil)が、Team dsm-firmenichTeamへ移籍するようだ。情報源記事によると、アルケアのGMエマニュエル・ユベール(Emmanuel Hubert)がそれを認めたもよう。

情報源:Transfert – Emmanuel Hubert confirme… Barguil ira chez dsm-firmenich

アルケアについてはすでに8/1に記事「チームと喧嘩別れか?アルノー・デマールがシーズン途中でアルケアへ移籍!」でGroupamaーFDJからアルノー・デマールとマイルズ・スコットソンが移籍することが発表されたことを伝えた。アルケアはエーススプリンターを獲得したことになる。

一方で今回のバルギルについては全く逆で、アルケアからエースクライマーが出ていくことになる。契約は3年、つまり2026年までとなるようだ。

バルギルはTeam dsm-firmenichTeamで、エースクライマーのロマン・バルデ(Romain Bardet)とともに来年からはグランツールの山岳ステージや丘陵ステージでステージ優勝を狙っていくことになるだろう。1週間程度のステージレースやクラシックではエースを務めることもあるかもしれない。

今回の移籍については、現在Team dsm-firmenichTeamでGMをしているIwan Spekenbrinkの存在が大きいのではないか。

というのも、彼は、

  • スキル・シマノ
  • アルゴス・シマノ
  • ジャイアント・シマノ
  • ジャイアント・アルペシン
  • サンウェブ
  • DSM(現Team dsm-firmenichTeam)

と長年GMの仕事を続けているのだが、そのうちアルゴス・シマノ、ジャイアント・シマノ、ジャイアント・シマノ、そしてサンウェブの間はワレン・バルギルと一緒だったからだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!