Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ドーピング疑惑でアルペシン・ドゥクーニンクのロバート・スタナードが暫定的にレース出場禁止処分

2018年・2019年のドーピング疑惑でアルペシン・ドゥクーニンクのロバート・スタナードが暫定的に出場禁止処分

Share your love

ついこの間トラマドールを使ったとしてAG2Rのアレックス・ボーダンがUCIから暫定的な出場禁止処分を課されたことを記事にしたが、今度はアルペシン・ドゥクーニンクのロバート・スタナード(Robert Stannard)が、アンチドーピングルール違反で暫定的なレース出場禁止処分となる。

情報源:ALPECIN-DECEUNINCK’S ROBERT STANNARD PROVISIONALLY SUSPENDED FOR DOPING

アンチドーピングルール違反を疑われているのは2018年と2019年のもの。当時はまだアルペシン・ドゥクーニンクに移籍する前でそのときはミッチェルトン・スコットに所属していた。下の過去記事でロバート・スタナードのアルペシン移籍を伝えがのが2021年9月だ。再び見て欲しい。

関連記事:アルペシン・フェニックスが22歳のオーストラリア人ロバート・スタナードを獲得。マチュー・ファン・デル・プールやティム・メルリールのアシストとして期待

今回の件について詳細なことはまだチーム側にも知らされていないようで、2018年と2019年のどのような行為が疑惑になっているのかはわからない。だがチームはUCIの決定の決定を尊重するとのこと。アルペシン・ドゥクーニンクは移籍前のことでもあるため現時点でひとまずこれ以上はコメントしないと述べている。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

2 Comments

    • 今回は数年前の容疑になってるけど、裏でいろいろ警察の捜査が進んでたり、検査技術の向上などがあるのかも?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!