Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ログリッチを狙う4チーム。ユンボとクイックステップの合併話がログリッチ移籍に現実味を与える?

ログリッチを狙う4チーム。ユンボとクイックステップの合併話がログリッチ移籍に現実味を与える?

Share your love

先日に世界中を驚かせたユンボ・ヴィズマとスーダル・クイックステップが合併する可能性があるというニュース。誰も予想していなかったことだろう。次の過去記事をまた読んでおいてもらいたい。

その合併で最大の問題となるのは、この過去記事でも書いたが実質的にチームが1つなくなることで契約を失う選手が大量に出ることだと思われる。また仮にそれらの選手が他チームへの移籍を決めると、そのチームでは今度は玉突きのような感じでチームからさらざるをえない選手も出てくるわけで。そうした連鎖的な影響は単純に「合併して史上最強のチームができました」では済まないレベルだろう。

そしてそのニュースが出てから特に話題になっているのは、2名の選手の動向だ。1人は今年ずっと移籍の憶測が囁かれ続けているプリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)。もう1人はレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)だ。

合併してもレムコはユンボに行かない?

このうちレムコ・エヴェネプールについては、イネオスのGことゲラント・トーマス(Geraint Thomas)がチームメイトのルーク・ロウ(Luke Rowe)とやっているポッドキャストのWatts Occurringで、

Jumbo hates Remco and Remco hates Jumbo

訳「ユンボはレムコが嫌いだし、レムコはユンボが嫌い」

と述べている。その真偽はわからないが、レムコの性格からすれば、ライバルと同じチームに所属してチーム内でグランツールを争うというのは考えにくいかもしれない。確かに最強のアシスト陣が揃うと言えばそうだろうが、だからといってレムコがそんな環境を良しとし、チームの戦略に唯唯諾諾と従うだろうか?

ログリッチを狙う4チーム

一方でプリモシュ・ログリッチについては2025年まで契約が残っているので普通に考えれば、それを途中で解除してまで他チームへ移籍というのは考えにくい。しかし、今回のような合併という特殊な状況となれば話は別。これまでのチームとの契約とは前提が一変するため、新しい契約書が作られるはずだ。ならば、現状の契約途中で移籍は十分ありえるのではないか。

そんなログリッチを狙っているとされる4チームが、以下の情報源記事で紹介されている。

情報源:CYCLING MARKET: THE 4 TEAMS THAT ARE TRYING TO SIGN PRIMOZ ROGLIC

その4チームとは、

  • バーレーン・ヴィクトリアス(Bahrain Victorious)
  • ジェイコ・アルウラー(Jayco-AlUla)
  • リドル・トレック(Lidl-Trek)
  • モビスター(Movistar)

の4つだ。

合併騒動はもちろん、こうした選手の移籍は一体どうなってしまうのか。今年はシーズンオフもいろいろ熱い日々が続きそうだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!