Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

【!?】ユンボとクイックステップが合併で史上最強チームが誕生か?

ユンボ・ヴィズマとスーダル・クイックステップが合併か

Share your love

はやければ来年、ロードレース界を完全支配する圧倒的なスーパーチームが誕生するかもしれない。オランダメディアWielerflitsによると、今年のグランツールでグランドスラムを達成したユンボ・ヴィズマと、レムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)を擁するスーダル・クイックステップ(SoudalーQuickStep)との間で合併する話し合いが進んでいるらしい。

情報源:Jumbo-Visma werkt aan fusie met Soudal Quick-Step

構想としては現在ユンボ・ヴィズマのディレクターであるRichard Pluggeが新チームのCEOに、おなじくユンボのスポーツディレクターをしているMerijn Zeeman が新チームのヘッドコーチに、そしてスーダル・クイックステップのGMであるパトリック・ルフェーブル(Patrick Lefevere)が新チームのスーパーバイザーの1人になるというものだ。

これが実現すれば、レムコ・エヴェネプール、ワウト・ファン・アールト(Wout van Aert)、プリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)、ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard)、セップ・クス(Sepp Kuss)という、間違いなくロードレース史上最強のチームが出来上がることとなる。

報道によると今年の夏にユンボの側からクイックステップ側へ話をもちこんだらしい。

現時点で両チームともメディアの取材には実質ノーコメントを貫く。

ユンボ・ヴィズマについては、今年限りでオランダのスーパーマーケットチェーンのユンボ社がそのCEO交代に合わせて、スポーツへの投資を減らし、ユンボ・ヴィズマのタイトルスポンサーから降板する。

過去記事:ユンボ社がメインスポンサーをやめる可能性

そして現時点でユンボ側から新しいタイトルスポンサー獲得の発表はない。そんな状況で突然のこの報道。

仮にこれが本当だとしたら困るのは誰か?選手たちだ。

合併して1つになった場合に、極々話を単純化するとチームまるまる1つ分が消滅することになるわけで、そうなれば30人の選手、チームスタッフなどが職にあぶれることとなる。他チームにとっては補強のチャンスとも言えるわけだが、当事者の選手にとっては大迷惑。

またワールドチームの数が1つ減るわけでその枠が空く。昨年ProTeamへ降格となったロット・デスティニー(Lotto-Dstny)とイスラエル・プレミアテック(Israel-PremierTech)も2026年にワールドチームへの昇格・復帰を狙っているが、ワールドチーム枠が1つ空くとなればそうした降格・昇格の騒動にも影響があるかもしれない。

はたして史上最強チームの誕生はあり得るのか?

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6619

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!