Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースニュース

9/26付のUCIチームランキング

9/26更新の最新UCIチームランキング

Share your love

年間最後のグランツールであるブエルタ・ア・エスパーニャが終わってそれなりの時間が経ち、そして2023シーズンのロードレースもオフシーズンが迫りつつある。残るビッグレースはなんといっても年間最後のモニュメント、イル・ロンバルディア(Il Lombardia)だけだ。そこではタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)やプリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)たちが競い合う予定だ。

毎年書いていることだが、1年は長いようで短い。

さて、そんなふうに2023シーズンが終わろうとしている中で9/26にUCIチームランキングが更新されたので、現時点での最新ランキングを見てみよう。

順位
(前回順位との差)
チーム名
(太字はワールドチーム)
国籍ポイント
1UAE TEAM EMIRATES (UAD)UAE28061.35
2JUMBO-VISMA (TJV)NED27666.19
3 +1SOUDAL QUICK-STEP (SOQ)BEL16789.85
4 -1INEOS GRENADIERS (IGD)GBR16783.1
5 +1LIDL-TREK (LTK)USA15543.62
6 -1BAHRAIN VICTORIOUS (TBV)BRN15444.81
7GROUPAMA – FDJ (GFC)FRA14264.08
8ALPECIN-DECEUNINCK (ADC)BEL13710
9LOTTO DSTNY (LTD)BEL12850.83
10BORA – HANSGROHE (BOH)GER12228.13
11EF EDUCATION – EASYPOST (EFE)USA10515.69
12MOVISTAR TEAM (MOV)ESP10474.53
13COFIDIS (COF)FRA9604.16
14 +1INTERMARCHÉ – CIRCUS – WANTY (ICW)BEL9511.28
15 -1TEAM JAYCO ALULA (JAY)AUS9468.31
16ISRAEL – PREMIER TECH (IPT)ISR8935
17TEAM DSM-FIRMENICH (DSM)NED8704.2
18AG2R CITROEN TEAM (ACT)FRA8439
19TEAM ARKEA – SAMSIC (ARK)FRA6241
20UNO-X PRO CYCLING TEAM (UXT)NOR5700
21ASTANA QAZAQSTAN TEAM (AST)KAZ5546.73
22TOTALENERGIES (TEN)FRA5414.84
23Q36.5 PRO CYCLING TEAM (Q36)SUI3195.67
24GREEN PROJECT-BARDIANICSF-FAIZANE’ (GBF)ITA3114.75
25TUDOR PRO CYCLING TEAM (TUD)SUI2488
26BOLTON EQUITIES BLACK SPOKE (BEB)NZL2354
27EOLO-KOMETA CYCLING TEAM (EOK)ITA1991
28CAJA RURAL-SEGUROSRGA (CJR)ESP1800
29HUMAN POWERED HEALTH (HPM)USA1621
30BURGOS-BH (BBH)ESP1531
31TERENGGANU POLYGON CYCLING TEAM (TSG)MAS1494
32EQUIPO KERN PHARMA (EKP)ESP1461.33
33TEAM MEDELLIN – EPM (MED)COL1348
34 +2ALPECIN-DECEUNINCK DEVELOPMENT TEAM (ADD)BEL1326
35 -1CORRATEC SELLE ITALIA (COR)ITA1307
36 -1EUSKALTEL-EUSKADI (EUS)ESP1305.33
37BINGOAL WB (BWB)BEL1301
38ATT INVESTMENTS (ATT)CZE1207
39 +1ROOJAI ONLINE INSURANCE (R0I)THA1102
40 -1JCL TEAM UKYO (JCL)JPN1079

40位に日本のチーム右京がランクイン。

次のワールドチーム降格どうこうは、2023~2025の3年間の合計ポイントが基準となるため、2023年の今の時点でのポイントが直接的に降格どうこうに結びつくわけではない。しかし、そうはいってもやはり毎年安定してポイントを稼いでおきたい。

ワールドチームー下位2チームが降格の対象となるわけだが、これまでと同様にまずワールドチームでダントツ最下位のアスタナ、そしてその上のアルケア・サムシック(来年からArkéa–B&B Hotels)が危ない。それら2チームとは少し差はあるものの、AG2RとDSMも危機感はあるだろう。というわけで、これら4チームが現時点では危険な状態と言えるか。

一方でProTeamに落ちてしまったロット・デスティニー(Lotto-Dstny)とイスラエル・プレミアテック(Israel-PremierTech)は今後もこのまま行けば、ワールドチームへの復活は叶いそうな感じ。

そしてなんといっても最大の焦点は、ユンボ・ヴィズマとスーダル・クイックステップの合併がどうなるかだ。その結果如何でワールドチームに1つ空席ができるかどうかが決まる。もし1つ枠が空けば、ワールドチームに昇格できるチームが1つ増えるわけで、その枠を狙う争いが生じる。

なおProTeamのQ36.5はたとえワールドチームに空席ができても現時点ではそれを狙う予定はないとコメントしている。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!