Enter your email address below and subscribe to our newsletter

シマノの供給網で労働者を奴隷的扱い?マレーシアでの奴隷的搾取が問題に。シマノも調査へ

シマノのマレーシアの工場などで移民を違法な条件で奴隷のように働かせている実態が発覚か。シマノも調査へ。

Share your love

シマノはマレーシアに大きな製造工場を有し、同国はシマノにとって重要な製造国となっているわけだが、そのマレーシアでのシマノ部品製造企業がその労働者を現代的な奴隷(Modern Slaves)ともいうべき酷い環境で酷使していると海外メディアが報じている。

情報源: Shimano bike parts ‘made by modern slaves’ sold to commuters

この情報源記事は英国テレグラフ紙だが、これによるとマレーシアにおけるシマノのサプライヤーの1つ、Kwang Li Industryという企業が、その従業員たちに対して、次のような違法行為を行っているとのこと。

  • 身体的虐待や暴行による脅迫
  • 給料の違法な減額(控除・天引き)
  • 不当に高額な仕事斡旋の手数料
  • 労働者のミスに対する違法な制裁

これはテレグラフ紙がKwang Li Industryで働いていた人間と今も働いている人間とに取材を行い、その証言に基づいた報道だ。特に移民に対してこのような奴隷的搾取が行われていると報じている。

マレーシアなどでは、ネパールやバングラディッシュなど最貧国と言われる国々から「エージェント(意味深)」によって集められた労働者が働く。マレーシアはそうした移民を低賃金の労働力として積極的に利用してきた長い歴史がある。もちろんそうしたことの恩恵は最終的に先進国の人間が享受することとなる。安い価格で商品が買えるからだ。

そした闇深エージェントはマレーシアで働くことを希望する人間から高額の手数料を得ることが目的。払えない人間には借金をさせる。その借金が、労働の給与から差っ引かれたりする。あるいは借金を返すために安くても働かざるを得ない立場に追い込まれている。

この報道を受けてシマノはKwang Li Industryへの調査を開始。シマノは、できるだけ早くこのような状態を修復すべく行動中と話す。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!