Enter your email address below and subscribe to our newsletter

UCIがドーピング疑惑でAG2Rのフランク・ボナムールに暫定的な出場停止処分

生体パスポートに異常値検出で、UCIがフランク・ボナムールに暫定的な出場停止処分

Share your love

UCIが、Decathlon AG2R La Mondialeのフランス人、フランク・ボナムール(Franck Bonnamour)に対して暫定的なレース出場停止処分を課した。理由は生体パスポート(バイオロジカルパスポート)に異常値が見つかったことだ。

UCI:UCI Statement on Franck Bonnamour

生体パスポートとは、2008年から導入されたシステムで、選手らの血液成分などの生体情報を記録したデータ。それに他の選手とは違う異常な値が見つかれば、ドーピングをしていたのではないかという推測がなされる。

フランク・ボナムールは2023年1月1日から同チームで走っているが、このチーム側声明によると、異常な値が検出されたデータは同チームに入る以前のB&B Hotels – KTM時代のデータだったようだ。

今回の暫定的な出場停止処分が本物の出場停止処分に直接つながるわけではない。しかし疑惑がある以上、UCI側は本格的に厳しく調査・検査を進めていくことだろう。その結果次第では数年間の出場停止処分につながる可能性がある。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!