Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2024ロンドで使われた機材の工夫

2024ロンド・ファン・フランデレンで使われた機材と工夫

Share your love

昨夜のロンド・ファン・フランデレンは、年間最高の地獄であるパリ~ルーベほど過酷なコースではないが、それでも連続する石畳をハイスピードと高出力で駆けるレースであるため、機材にもそれなりの工夫が必要となる。そこで昨夜の2024ロンド・ファン・フランデレンで使われた機材の工夫などを紹介。

情報源:Tour of Flanders Tech Gallery: What We Found Today in Belgium

この情報源記事でさまざまな選手のいろいろな機材の写真が掲載されているので、実際の画像はそれを見て欲しい。この情報源記事で紹介されているものの中から、いくつかの注目ポイントを簡単にまとめると次のようになる。

  • タイヤ幅はコンチネンタルGP5000でもヴィットリアのコルサでも30Cを選択したチームが多い
  • リドル・トレックはマッズ・ピーダースンがチューブラー使用。他の選手はチューブレス
  • フロント56Tを使った選手も
  • ガーミンなどサイコンやボトルが振動ではずれないように、サンドペーパーをかましたりして固定力アップさせたり、サイコン部分をストラップを使ってハンドル部分固定したりなどの工夫
  • インナーチューブの切れ端を使い、その中にケーブル類に通してからフレームに固定。エアロのため?
  • タイラップを使ってケーブル類をできるだけフレームに密着させて固定。エアロのため?
  • Bingoal WBの選手の一人がアルテグラのリアディレイラーを使用

その他詳しい情報や画像は情報源記事でチェックしてほしい。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!