Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースニュース

UCIがポガチャルを失格させると警告していた?マリア・ローザのビブショーツの色について

報道ではUCIがタデイ・ポガチャルにルール違反を理由に失格を警告したとされるが、UCI側は否定

Share your love

現在2024ジロ・デ・イタリアの総合首位のタデイ・ポガチャル。第2ステージで優勝してからずっとマリア・ローザを着用している。

しかし、ポガチャルのビブショーツは通常のマリア・ローザ用ピンク色ではなかったりする。

たとえば昨夜の第6とその前の第5ステージではこのようにマリア・ローザカラーのビブだ。

しかし第4ステージでは次のような黒のビブショーツだった。

さらに第3ステージではピンク寄りの紫色だった。

今まで3種類の色を使っていたことになるが、これには実は事情がある。

情報源:the UCI was quick to forbid them, with a threat of a disqualification reported if that was to be broken. Only three days later, the decision was already reverte

一部メディアの報道では、UCIはポガチャルを失格させるぞという警告をしていたとしている。

どういうことかというと、ビブショーツの色についてUCIとしてはマリア・ローザにはマリア・ローザカラーのビブショーツでなければならないという理由でそのルールを破るなら失格もあり得るという警告を発したという報道だ。

ただその特別な紫色のビブはチームUAE側が用意したものではなく、ジロの主催者側が用意したもので、UAEのせいではない。

その警告を受けて、主催者側と大会公式ウェアサプライヤーののカステリが協議して紫色のウェアはナシとしたようだ。

結果、おそらく翌日の第4ステージは急遽普通のチームUAEの黒ビブを使用ということになったのだろう。そして第5ステージからはピンク色のビブの調達が間に合ったため、昨夜の第6ステージもピンクビブだったという流れだと思われる。

ただフランスメディアのL’Equipe(ルキップ)の報道では、UCI側の人間のコメントとして、UCIの内部ではそのような議論はなかったということと、ポガチャルらは何もルール違反をしていないから問題なく、審判団も実際彼らに警告はしてないという発言も紹介しており、実際何があったのかは現時点では情報が錯綜していてはっきりしない感じだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6502

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!