Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

【!?】スポーツ仲裁裁判所「ミゲル・アンヘル・ロペスは無罪」2022年ジロのドーピング疑惑について

スポーツ仲裁裁判所CASが、ミゲル・アンヘル・ロペスは無罪との判決。2022ジロ・デ・イタリアでのドーピング疑惑について

Share your love

ミゲル・アンヘル・ロペス(Miguel Ángel López)は2022年ジロ・デ・イタリアでのドーピング疑惑により、UCIから当時暫定的な出場禁止処分を受けていた。その当時の記事がこちら。

その後彼はアスタナからも解雇された。

そしてこの件は国際機関のスポーツ仲裁裁判所(CAS)に持ち込まれていたが、CASがミゲル・アンヘル・ロペスは無罪との判決を下した。

CASはアスタナに対して、その解雇によってロペスが本来得られたであろう給与が支払わ有れないようになっていたためそれを彼に支払う命じてたようだ。

この判決に先駆けて昨年の3月にすでにUCIはアスタナに対してミゲル・アンヘル・ロペスへその未払賃金を支払わなければならない可能性もあるため、アスタナの資産を一部凍結していた。

それにしてもCASで無罪というのはなかなか珍しい気がする。過去のデータを調べたわけじゃないのであくまでただの感想だが、有罪率99,9%とはいわないがだいたいみんな有罪になってそうな感じ。

さてこれでロペスは一体どうするのだろうか。無罪というわけでワールドチームに復帰しようと思えばいちおうできるとは思うが・・・。まぁいろいろ面倒を起こしてきた選手なので欲しいと思うチームが現れるは微妙なところか。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6529

2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!