Loading...
レース感想・レビュー・インプレ

2018ツール・ド・フランス第2ステージ感想:フランス人とビッグプーリー、ユキヤ不明、そして日替わり定食。

2018ツール・ド・フランス第2ステージ

 

さて、ツール2日目。今日もスプリントステージ。だけど一筋縄ではいかないのがツール。ジロ・デ・イタリアと比べるとコースそのものの過酷さは若干低いと言われるけれども、やはり過酷は過酷。何が起こるかはやはり予測不能。今日もそんなレースとなった。

 




 

 

(1) フランス人のおっさんとビッグプーリー

 

①フランス人のおっさん

 

まずスタートから逃げ続けたオッサンが、フランス人の大御所シャバネル。元フランス王者にして、現在中年のアイドル(?)。39歳。

 

今回シャバネルおじさんは絶対に逃げを成功させなければならない重大任務を背負っていた。というのも、今回ツールが通る地域はシャバネルが所属する、ディレクトエナジーのお膝元。目立つことが最優先事項。

 

集団もそれがわかっていて空気を読んだのか、単に長丁場のツールだけにただ楽をしたかっただけなのか逃げを容認。シャバネルおじさんは4分半ほどの差で逃げる。

 

2018ツール・ド・フランス第2ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第2ステージ。

 

地元を通るときにこんなパフォーマンス。両手を広げて地元の声援に応じる。いいね。

 

2018ツール・ド・フランス第2ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第2ステージ。

 

ん?

 

ディレクトエナジーの監督(?)やんけ!わざわざ担いでもらって、何楽しんどんねん!!これも仕事?

 

やっぱりツールはこうでないとアカンね。みんな楽しめる大イベントであるべきやからね。

 




 

 

②今年のツールではビッグプーリーがトレンド?

 

2018ツール・ド・フランス第2ステージ
2018ツール・ド・フランス第1ステージ感想:初日からいろいろありすぎぃ!

 

このシャバネル&ディレクトエナジーが使ってるWilierは、何気にディスクブレーキ仕様でもあるけど、画像の〇に注目してほしい。わかるかな?そう、ビッグプーリーが使われてる。

 

 

シャバネルが乗ってるのはたぶん発表されたばかりの新作Cent10PROやと思うけど、このTwitter画像がそのCent10PRO。よーく見てほしいCeramicspeed社のビッグプーリー搭載されてる。

 

実は、ビッグプーリー自体はずっと前からあるけど、実は最近プロトンでビッグプーリーを使うのが流行しつつあるらしい。メーカーが営業に力を入れているせいなのかどうかは知らんけど。

 

機材的な観点から言えば、今のプロトンではスプロケの枚数が増えてるのもあるし、スプロケのサイズも11-30tとかワイドレイシオなものを使う場合が多い。それが流行。ワイドレイシオなギア比がよくつかわれる傾向にある。

 

一般的にクロスレイシオよりもワイドレイシオのほうがチェーンの遊びが増える。そもそもチェーン長に余裕をもってないとワイドな場合やと変速が困難になるしね。チェーンに無駄な遊びがあると、抵抗にもなるし、チェーンが暴れる度合いも大きくなる。チェーントラブルにもつながる。

 

そこで、ビッグプーリー(さらにロングケージも仕様で)を使うことでは、そのチェーンの遊びをうまいこと調整できる。

 

そんわけで、なんか最近はプロトン内部でもビッグプーリーが流行りつつあるらしい。このシャバネルのWilierのバイクもまさにそれやし、あとAG2Rが乗るFactorにはデュラエースのコンポに、Ceramicspeed社のビッグプーリーが搭載されてる。

 

 

この画像は、AG2Rのエース、ロマン・バルデ仕様のバイクや。よーく見てほしい。Ceramicspeedのビッグプーリーが見えると思う。

 

今後、山を登るステージが本格的にやってきたら、他チームや他選手でも使うところが増えるかも?

 

なお、このステージ途中で新城幸也が観戦してるから探そうということになったけど、結局見つからずユキヤ不明。

 




 

 

(2)ツールと日替わり定食

 

2018ツール・ド・フランス第2ステージ
Jスポより。2018ツール・ド・フランス第2ステージ。

 

今日はゴール前1.9㎞のコーナーで落車発生。これにマイヨジョーヌのガビリアが巻き込まれてストップ。怪我はたいしたことなさそうで、単に巻き込まれて倒れただけ?

 

なおキッテルはゴール前5㎞ぐらいやったかな?そこでパンク。集団は超加速しつつゴールに向かってる状態なので、今日のスプリントは無理となり、一人旅が決定。

 

結果論でいえば、仮にキッテルのパンクがなかったとしたら、ガビリアがこうなっただけにキッテルに勝利の可能性は高かったはず。でも、キッテルもこの落車に巻き込まれてたかもしれへんし、どうやろね。神のみぞ知る。

 

というわけで、マイヨジョーヌは今日ガビリアの手を離れて、ステージ優勝したピーター・サガンに。

 

で、明日はチームTTやからチームTTがさして強くないBoraのサガンからマイヨジョーヌが、SkyかSunwebかBMCの誰かに移るかも?

 

まさに日替わり定食ならぬ日替わりマイヨ。

 



 

なお、バルベルデがしっかりと先頭のスプリントグループにくらいつき、落車に巻き込まれなかったちゃっかり7位に入ると同時にボーナスをちょっとだけゲット。このいつも通りの安定感。

 

一方、俺のルイス・レオン・サンチェスが落車事故で2日目途中にしてリタイア(´・ω・`)

 

 

さらに、TrekのTsgabu Grmayも腹痛でリタイア。

 

ただでさえ今年のツールはこれまでの9人制から8人制になっていろいろ難しくなったのに、Trekとアスタナという総合上位を狙う両チームが7人へ。序盤から中盤までで下手にマイヨジョーヌを獲得してしまうと、集団のコントロールを担うハメになるから、そんなマイヨジョーヌをゲットするような攻撃は避けないと最後までチーム力が耐えられないと思われる。よって、両チームは今後はしばらくおとなしく影を潜めながら、各日の上位だけを狙う戦略になるかもね。

 




 

 

(3)第2 ステージの結果とまとめ動画

 

なお、第2ステージの順位は次の通り。

 

2018ツール・ド・フランス第2ステージのトップ10
© ASO.ツール・ド・フランス公式サイトより。2018ツール・ド・フランス第2ステージ感想。

 

そして、まとめ動画。

 

 

(今日のおまけ:Wiggleでツールを祝うキャンペーンセールやってるで→Wiggle: LE GRAND EVENT 7/19まで。週替わりでお得な有名ブランド商品登場。

 

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]





Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

4 comments
  1. yoshimotoya120

    いやはや波乱含みの幕開けとなりましたね。
    落車を減らすために8人に減らしたのにボコボコ落車発生してるのは、コース設定に難ありのように思えますけど。
    集団のスピードが上がりまくる最終盤で鋭角コーナーだわ路幅は狭いわだったらそりゃヤバいですよ。

    あと、ゴール前スプリントでデゲンコルブが手を挙げてたのは左側からサガンが斜行する形になって一瞬脚を止めさせられたんですよね。挙句コルブレッリにも入られて塞がれてしまったのに対して「なんじゃワレおるぁーー」ってやってたのに、解説の中野さんもちょっと的外れなこと言ってたのが残念。
    サガンがゴールでガッツポーズの時も後ろで指差して抗議してましたからね。

    1. piginwired
      piginwired

      デゲンコルプはせっかくゴール前まで難を逃れてやってこれたのに、これがTREKというチームの現状なのかもブヒね。ついてないというか、パっとしないというか。

      結局さっき終わった第3ステージでは、サガンがマイヨジョーヌ着てたから降格も処分もなしっぽく、サガンの動きはセーフという判断のようブヒね。

  2. yoshimotoya120

    そうですね、特段サガンのコースどりが審議対象になったわけではなかったようなので、レース展開の中でのよくある普通のことという判断なんでしょうね。
    まぁデゲンコルブとしては面白くなかったとは思いますが、おっしゃる通りパッとしないですね。

    それにしても今日の第4ステージも終盤に大きな落車発生しましたけど、気になるのはキッテルがアシストを得られず冴えないことですねぇ。今日こそ勝負に絡めるんじゃないかと予想してたんですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK