Loading...
ニュース

【オイルマネー】チームSkyを救うのはコロンビアの石油会社Ecopetrol?【インフラ企業】



チームSkyのスポンサー騒動については昨日こんな記事を書いた。



で、この記事中でコロンビア政府とチームSkyが会談するから、ひょっとしたらコロンビアの国営企業がスポンサーになるんちゃう?みたいな予測を書いたわけやけど、やっぱりそうなりそう。

情報源:La Gazzetta dello Sport, “Ecopetrol salverà Sky: Brailsford ha incontrato il presidente colombiano”





やはり登場した巨大インフラ企業Ecopetrol



いくら他スポーツと比べてロードレースのチームの予算が貧弱といっても、チームSkyの予算を支えられる企業ってのはそんなにポンポンあるわけやないわけで。

しかも政府首脳と会談したということは、当然に政府の息がかかった企業となるわけで。




これら2つの条件を満たすのはやはりインフラ企業。インフラを支配する企業がどんだけ独占的かつボロ儲けかは、AU、ドコモなどの携帯電話会社、または各種電力会社などを考えればよくわかる。


というわけで、上記の情報源(自転車乗りの愛読メディアLa Gazzetta dello Sport)によると、ほぼ国営企業であるEcopetrolという石油会社が、チームSkyのメインスポサーとなる可能性が高いもよう。




このEcopetrolやけど、コロンビアのスポーツ省であるColdeportes(大臣Ernesto Lucena)と密接に関連してて、大統領Ivan Duqueのスポーツ振興戦略を支援してる。


米国株式市場に上場してて、株式の80%はコロンビア政府が、残り20%を自己が保有しとる。2017年度の利益は、22憶USドル(約2500億円)。世界の25大石油企業の1つであり、南米四天王の一つ。


現在の株価などの情報はBloombergのサイトでどぞ。

参考(Bloomberg):Ecopetrol SA



なおチームSky側はこの件についてはコメントを拒否。


(下のほうに過去記事とか関連記事あるよ)

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」