Loading...
ニュース

休息日にカチューシャ消滅問題・スポンサー探しに進展はあったのか?

カチューシャ・アルペシン



以前から伝えているようにワールドツアーチームのKatusha-Alpecinに、第2スポンサーAlpecin撤退による消滅危機問題が浮上している。ようするに次のスポンサーを見つけないとアカンというわけ。



これについての過去記事は以下のもの。

そしてツールの期間中といえば新スポンサー探し&契約交渉の絶好の舞台でもある。華やかなレースの裏側で繰り広げられるホットな商談&密談の数々。

それではこの前の休息日の間に、チームKatusha-Alpecinに何か進展はあったのか?

情報源:Katusha owner Makarov could partially self-fund team in 2020



Katusha-Alpecin消滅回避の朗報は?



結論



進展なし!

残念ながら、休息日にチームの選手らに対して首脳陣が語ったことは、「進展なし」との言葉。



今後は?



しかし情報源記事によると、チームオーナーであるIgor Makarovおじさんが自分の身銭をきってチームを支援する予定だとかなんとか。そんな風にフランスの自転車系WEBメディアVeloProが記事にしているもよう。

また、チーム首脳陣は選手らに対して、「2020年のUCIワールドツアーライセンスを得るために必要なことはすでに完了してる」と説明しているもよう。

もちろんライセンスが実際に与えられるかどうかは不明やけど、「来年もチームは継続予定やで」との安心感を与えようという意図だと思われる。でも、来期の契を現実的に確約してもらわないと選手としては、ねぇ……?法的な宙ぶらりん状態が一番困るわけで。無理なら無理と、スパっと決断してもらわないと。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」