なぜナイロ・キンタナは復活できたのか?



今年のナイロ・キンタナは一味違う?

シーズイン早々、Tour de la Provenceで総合優勝を成し遂げたキンタナ。昨日も書いたように(モン・ヴァントゥの歴代記録TOP55)、第3ステージではモン・ヴァントゥを中腹までとはいえ史上最速で登り切った。

最近では見られなかったような仕上がり具合といえよう。一体キンタナのその調子の良さの裏に何があるのか?

情報源:Nairo Quintana sends a message to his rivals at le Tour de la Provence

ブタはそのヒントをこの情報源記事で得た。すなわちキンタナの好調を支えている1つの要素は、人間関係ではないかと妄想する。

情報源記事中では、所属チームArkéa-Samsicの監督Yvon Ledanoisが次のようにしゃべっている。

“I was practically his first DS with Movistar so I know Nairo well,”



訳「実際ワシは、キンタナのモビスター時代にキンタナを指揮した最初の監督やったんよ。せやから旧知の仲なんよ」

なんという縁。ひょっとしたらこのYvon Ledanois監督がいるから、モビスターからArkéa-Samsicに移籍したのかもしれない?

この監督自身がどれだけ有能かはわからへんけど、少なくともキンタナとの相性は良さそうに感じる。

結局どんなプロスポーツであろうとも、チーム競技である以上は選手の実力を生かすも殺すも監督次第。それも実は監督の能力そのものとはあまり関係なく、人間的な相性が全てなのかもしれない。

まぁそんな監督自身による監督としての人格形成、またはチームの雰囲気づくりこそが監督の能力かもしれへんけどね。野村監督リスペクト。

【関連記事】

モン・ヴァントゥの歴代記録TOP55

Movistar離脱は確定。キンタナ「自分が輝けるチームに行きたい」

【逆襲へ】キンタナがチームのコーチを変更へ。

キンタナがチーム方針と対立か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください