警察がStravaを監視中!



昨日の記事「フランスも自転車を禁止へ。イギリスは?」で、フランスがスペインと同様に新コロ対策として、外での不要不急の自転車を禁止との命令を出したと書いた。いわゆる外出禁止令みたいなもの。

そんなフランスやスペインでは街中にパトロールにあたり、市民を監視する警察がウヨウヨ。外出禁止令に違反すれば罰金(フランスだと約1万5000円前後~スペインだと最大で約50万円ぐらい)が課されることになる。

しかし、当然にそんな当局の目をかいくぐり、外で自転車に乗ろうとする人間もいる。

そこでそんな人間を発見するため、なんとフランス当局はスポーツSNSのStravaを監視しているもよう。その証拠がこちらのTwitterの投稿。



これはStravaにアップされたライドのデータに対して、警察からのコメントがかかれているという画像。コメント主の名前には、はっきりと「Police Nationale」(国家警察)と書かれている。

(( ;゚Д゚)) ヒェッ・・・怖すぎやろ・・・

今回の当局によるコメントの内容は、逮捕するぞ!とかではなくて、単に政府の命令を確認するよう求めて警告を出す程度のものにすぎない。とはいえば、肝が冷えるのは確か。

ま、警察も仕事やからしゃーないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください