フルーム移籍か



クリス・フルーム(Chris Froome)は去年のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネの大怪我から回復し、レース復帰を目指してたいたものの、このコロナ禍で相次ぐレース消滅・延期により、復帰スケジュールがめちゃくちゃになっている。

そんなフルームだが、情報源記事によるとシーズン途中での移籍を考えているとの憶測があるもよう。

情報源:Chris Froome in discussions over a mid-season transfer



チームの3大エースのうちフルームのチームとの契約は2020年まで。つまり今年いっぱいである。一方、チームメイトでありツール優勝者でも残りの2大エース、エガン・ベルナル(Egan Bernal)は2023年まで、ゲラント・トーマス(Geraint Thomas)は2021年までとなっている。

この契約の期間にあわせて、ぶっちゃけベルナルとGだけでもツールの総合優勝は狙うことが可能だと思えること、そしてコロナ禍のもとで業界一の金満チームですら緊縮財政を敷くというのであれば、フルーム放出というのもありえなくはない。

今回の報道にあわせて、Twitter上では「Israel Start-Up Nationがフルームと契約しようとしている」との投稿もあったもよう。ただ、チーム側はフェイクニュースとすぐに断定している。

なお今回のこの報道について、チームイネオスはコメントを拒否。選手の契約については何も言わないとの立場。チームとしては「何言うとんねん。アホくさ」という感じだろうか。

【こちらもどうぞ】

イネオス(Ineos)が英政府に660億円の融資を求める。その理由とは?

IneosがチームSkyを買ったわけ

チームSky・Ineosの進化とは?以前とは何が違うのか?

2018年度のチームSkyの予算は?減ったのか増えたのか?

チームJumbo-Vismaの年間予算額と、来年の増額。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください