IneosがチームSkyを買ったわけ

情報源:Sir Jim Ratcliffe explains Team Sky takeover … to two of its riders (and fellow Monaco residents), Geraint Thomas and Luke Rowe for their podcast

ゲラント・トーマスとルーク・ロウは今ロードレースについてのPodcastを定期的に配信してるんやけど、なんとこの前配信された回では、現在チームIneosのオーナーとなった英国の億万長者Jim Ratcliffeがゲスト。Jimは彼らに向けて説チーム買収の理由について語っている。



オーナーのJimはチーム買収の理由をこう語る。

“One of the reasons we bought it [Team Sky] is because of the sporting excellence in the team.”



訳「買収の理由の1つは、チームにおけるレースへの取り組みの素晴らしさや」

この点については、科学的アプローチをチームに積極的に導入し結果を出しているチームの手法のすばらしさを述べる。そして、そういったチームIneosの科学的手法は、他のスポーツ分野でも応用できると述べ、自社がスポンサーをしているヨットチームやサッカーチームに対しても、それらの知見・手法を活用できるだろうと言う。

同時に、買収の理由の2つめとしては、Ineos社そのものは企業対企業(B2B)のビジネスであるため、一般庶民には会社の知名度がなく、ブランドイメージが認識されていないということがある。

この点についていえば、巨大化学・石油企業である同社は、昨今の世界的な環境保護運動の高まりをうけて、いろんな環境団体から自然破壊をしているとして非難されている事実がある。

そんな悪名ばかりが一般市民に広まり、良いイメージが浸透していなかった。そんな状況を変えるため、世間でのブランドイメージの改善が必要だった。ま、大企業の社長も大変やなってことやね。

そこで環境に(比較的)優しいとされる(と思う)自転車ロードレースの世界へ参入することを決定したと言う。

ただチームSkyからスポンサーであるSkyが撤退するなどは全く予想もしておらず、たまたま転がり込んできた好機をすかさすキャッチしただけとも言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください