ツールでArkéa-Samsicはダブルエース体制

村長ことナイロ・キンタナ(Nairo Quintana)が所属するプロシリーズチームのArkéa-Samsicは、ツールではダブルエース体制となるもよう。

情報源:Arkea-Samsic won’t be just backing Nairo Quintana at Tour de France

同チームのツールのメンバーについては先日、「【悲報】ナセル・ブアニのツール参戦なし。メンバーに選ばれず。」という記事を書いた。スプリンターのナセル・ブアニがツールのメンバーから外される。これは別にブアニの拳(パンチ)や行動に問題があるとかではなく、純粋にチームのツールでの目標・戦略によるもの。」

ブアニのようなピュアスプリンターを外すということはArkéa-Samsicの目標は明確。すなわち登りが含まれるステージの優勝(そして目立つこと)と、キンタナの総合上位である。

しかし、情報源記事でチームが語るところによると、エースはキンタナだけでなく、ワレン・バルギル(Warren Barguil)をもリーダーとし、ダブルエース体制で臨むもよう。

チームのマネージャーEmmanuel Hubertは次のように語る。

“They can lean on each by racing together at the front. After that, sport will decide. We will start the Tour with high ambitions of our two leaders.”



訳「キンタナもバルギルもいっしょに前線で走ることでお互いに学んでいくだろう。その後、どちらがより強いかが決まる。チームとししてはツールをダブルエース体制という高い野心でスタートすることになる」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください