Cerveloと共同開発のカーボンホイールブランドReserve爆誕。CerveloxSanta Cruz Bicycles!

アメリカのカリフォルニア州のサンタクルーズに本拠とするマウンテンバイクブランドといえば、Santa Cruz Bicycles(以下サンタクルーズ)。

同ブランドはMTB用のカーボンホイールで質、そして頑丈さでも有名で、また同時に充実したカーボンホイールの保証制度を設けたブランドとしても有名である。

そんなサンタクルーズが、Reserveというカーボンホイール専門の新ブランドを立ち上げ、ロードバイク用のカーボンホイールを開発、販売する。しかも、そのロードバイク用カーボンホイール開発に協力したのは、なんとあの高級ロードバイクブランドのCervelo!Cerveloとの共同開発である。

もちろんエアロ性能などホイールの性能はCerveloが関わるだけにガチである。

Reserve公式(英語):ロードバイク用ホイール一覧ページ






(1) Cerveloとサンタクルーズの資本関係。実は・・・

なぜアメリカのMTBブランドのサンタクルーズとカナダのロードバイクブランドCerveloというコンビなのか?その裏には資本関係上のつながりがある。

すなわち、実はCerveloとサンタクルーズは同じ企業グループに属しているのである。

オランダのコングロマリット(企業複合体)であるPon Holdingsという会社が、Cerveloとサンタクルーズを所有しているのである。そのため、Cerveloとサンタクルーズには横のつながりがあったというわけ。

その関係を知れば、「なるほど」と納得の共同開発である。

感のいいみなさんならピンと来ていると思うが、そう、2021年度のCerveloの新モデルの完成車では、このReserveブランドのカーボンホイールを選べるようになる(はず)。

(2) カーボンホイールReserve 50の概要



今回発表されたReserveのロードバイク用カーボンホイールは、リムハイトによって3種類ある。Reserve35、Reserve50、そしてReserve65である。名前の数字がリムハイトを示す。わかりやすい。

今回はその中で一番汎用性の高いであろう(一番売れるであろう)リムハイト50mmの、Reserve50だけ簡単に紹介しておく。

Reserve50:紹介ページ

選べるハブは3種類

ハブがDT SWISSから次の3種類用意されていて選べる。どれを選ぶかで、ホイール価格が変わる。

  • DT 180(ホイール価格は$2800、約30万円)
  • DT 240 (同$2400、約26万円)
  • DT 350(同$1800、約20万円)



その他のスペックなど

  • リムハイト 50mm
  • リム内幅: 21mm
  • スポーク数: 24
  • チューブレスレディ仕様
  • 重量: リムが490g、ハブにDT240を使った場合のホイール全体は1638g
  • DT240を使った価格は$2400、約26万円



なにせCerveloとの共同開発のカーボンホイールである。当然Cerveloバイクとの相性の良さは抜群と期待したくなる。

そこでCerveloのバイクを買うならば、このホイールを選べる2021年モデルまで待つのもあり??



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください