Manuela FundaciónがチームCCCまたはアスタナのスポンサーとなる可能性

これまでもブログで書いてきたように、スペインの非営利団体のマヌエラ・フンダシオン(Manuela Fundación)が、オーストラリアのワールドツアーチームのミッチェルトン・スコット(Mitchelton-Scott)の第一スポンサーとして躍り出て新チーム名称&新ジャージも発表されたものの、結局は、ミッチェルトン・スコットの所有権の譲渡が契約に入っておらず、スポンサー契約も白紙となった。下の過去記事をまた読んでおいてもらいたい。

【過去記事】


【大混乱】Mitchelton-Scottのスポンサー変更は無理!?現オーナーが今もチーム所有権を保持と主張

ワールドツアーライセンスの値段とManuela Fundación(マヌエラ・フンダシオン)のミッチェルトン・スコット買収問題

【速報】Mitchelton-ScottがManuela Fundaciónとの契約を解消。現体制が継続へ。

ミッチェルトン・スコットのGMが交代へ。バーレーン・マクラーレンの前GMが就任!



そんなマヌエラだがワールドツアーチームをお買い上げする考えはまだ残っており、他のワールドツアーチームのメインスポンサーとなり、自身のワールドツアーチームを所有しようと考えているもよう。スペイン紙ASが伝える

情報源(AS紙):Manuela Fundación se fija en otros equipos tras la ruptura definitiva con el Mitchelton

ただ、同紙においても具体的な買収(スポンサー就任)計画やその対象となるチーム名などは書かれているわけではない。

ただ、「売りに出ている(スポンサーを探している)」ワールドツアーチームを買う必要があるわけで、そうなると、可能性があるのはチームCCCとアスタナである。

チームCCCについてはそもそもメインスポンサーがいなくなる。そしてアスタナについては石油価格の低迷などもあって、チームのバックにいるカザフスタンの国営企業の経営が厳しく、チームへの出資負担を減らすべく新しいスポンサーが欲しいという事情がある。

よって、仮にワールドツアーチームを買うならばその2チームのどちらかというのがまず考えられる。だが、表に出ていないだけで、他のチームでも事情は同じかもしれない。

石油価格下落という点では、チームIneosのスポンサーのIneos社も事情は同じだが、まぁあそこはね・・・・・・そもそも大英帝国連合みたいなチームやしね、スペインの団体がメインスポンサーというのはちょっとね・・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください