Enter your email address below and subscribe to our newsletter

2020ジロの秘密とは?アルメイダとゲイガンハートの共通点

2020ジロ・デ・イタリアで活躍する選手の共通点とは?鍵はアメリカ。

Share your love

予想外の活躍、そしてマリア・ローザのキープで今年のジロを湧かせているのがエレガント・クイックステップのジョアン・アルメイダ(João Almeida)。

そしてチームイネオスのエース、タオ・ゲイガンハート(Tao Geoghegan Hart)も今日の第17ステージから始まる超難関山岳ステージ決戦で表彰台への登壇、あるいはその頂点を狙う。

実はこのアルメイダとゲイガンハートには1つ共通点がある。それは何か?ポイントはアメリカである。

チームHagens Berman Axeon出身の天才たち

実はアルメイダもゲイガンハートも同じアメリカのコンチネンタルチームHagens Berman Axeonの卒業生である。

ただしゲイガンハートのときはチーム名は「Bissell Development Team」だった。だがチーム名が違うだけで運営の実体は同じである。そこからアルメイダはクイックステップへ旅立ち、ゲイガンハートはチームSkyへと旅だった。

ようするにもともと同じアメリカンチームの先輩(ゲイガンハート)と後輩(アルメイダ)である。

他にも同窓生がジロで活躍

なお、Hagens Berman Axeon出身としては、U23世界選手権個人TTで3連覇を成し遂げているミケル・ビョーグ(Mikkel Bjerg)も同じである。

ビョーグはデンマーク人の21歳。現在チームUAEと契約し、このジロで初めてのグランツールデビューを果たしている。しかもこれまでステージ3位を二度も獲得(第1&第9ステージ)している。前評判どおりの実力者である。間違いなく今後、22歳前後の化け物ぞろいの世代を代表する選手となるであろう。

さらにいえば、先日までマリア・アッズーラ(山岳賞)だった、ルーベン・ゲレイロ(Rube Guerreiro)や、第12ステージで優勝したイネオスのジョナタン・ナルバエス(Jhonatan Narvaez)もHagens Berman Axeon出身である。

教え子たちの活躍にHagens Berman Axeonのボスであるアクセル・メルクス(Axel Merckx)も鼻高々であろう。

なおこのアクセル・メルクスだが、名前のとおり史上最強のロード―レース選手エディ・メルクス(Eddy Merckx)の息子である。

ただ、このように卒業生たちの華々しい活躍があるものの、 Hagens Berman Axeonは今年限りで消滅する 可能性が高い。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6415

2 Comments

  1. やっぱり移籍金制度を導入すべきですよ、自転車界も。
    人育てるのにはそりゃあお金と忍耐が必要なわけで、そうやって育てた有望な若手をワールドチームやプロチームが引き抜いて「ごっつぁん」だけで済むのはおかしいでしょう。
    まぁ元はと言えば、その上位チームだって財政基盤が弱くて毎年ひーこら言ってるくらいなので、ここはレースの興行のやり方も含めて抜本的に改革しないと、小手先だけではすまないのではと思いますね。

    • メジャーリーグかヨーロッパサッカーかどこかがやってるみたいに、移籍する選手の元の所属チームにもいくらか入るようにしたほうがいいブヒね。
      ただトップチームもそしてUCIもあまり大きなお金を持っていないのも確か。

      構造的な問題でいえば、やはりレースの放映権料をなんとかするのが一番合理的ブヒね。ロードレースは安すぎる。

      ただそうなるとDAZN撤退みたいなことにもつながりかねないので難しいところブヒね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!