Mavicのホイール

Mavicの2021年ホイールについて。新技術とラインアップと価格

倒産しかけた後、裁判所での競売手続きを経て新しい支援先に買収されたフランスのホイールブランドのマヴィック(Mavic)。

2021年からはいわば「新生」となる同社が、2021年に向けた製品群を発表。これまでとどのように変化したのであろうか?

情報源:Mavic wheels 2021: Mavic launches new era with refined range

公式サイト:Mavic(現時点では、まだ新製品の情報が記載されていない)

Mavicの2021年ホイールの方向性

2021年度の新生Mavicホイールは2つ方針のもとに設計された。1つはメンテナンスをより簡単にすること、もう1つは耐久性をあげることである。

そしてその方針のもと、展開するホイールのシリーズも減らされる。絞り込みが行われた。41製品から21製品へ減る。

新技術

FORE drilling system

このFOREシステムが、2021年からはカーボンホイール製品群にこれまでより幅広く導入される。

FOREシステムとは、スポークを直接的にリムへと一体化させる技術で、リムテープが不要となる。またスポーク交換もこれまでより簡単になる。

特にチューブレスユーザーには恩恵があるだろう。製品の耐久性も4倍になっているとのこと。

ISM

ISMはInter Spoke Millingの略である。これはアルミリムのホイールに導入される技術で、各スポーク間のアルミの強度を上げることで、全体の軽量化を実現すると同時に、これまでと同レベルの耐久性を実現するものである。

Infinityシステム搭載の新ハブ

2021年モデルからは、スポークの組み方が変化する。スポーク同士が交わらない(接触シない)組み方へと変わる。フロントでもリアでもスポークの長さは変わらない。

このシステムを同社はInfinityと名付けているようだが、これにより高い負荷がかかっているときにスポーク同士が接触することで生じるノイズがなくなること、そしてメンテナンスがより簡単になる。

また新しいハブには、Instant Drive360(ID360 )というダブルラチェットフリーホイールシステムが導入される。

オーバーサイズアクスル(頑丈さが35%向上)で、シマノ、スラム、カンパとも互換性がある。これも耐久性とメンテナンス性の向上に役立つ。

なお、新作ホイールはチューブレスタイヤをより容易に装着できるようにするため、既存の製品と比べてリムの輪郭などの設計が変化している。

ラインアップと価格

ホイール名前後合計重量価格
Comete Road1100g£1,949(約27万円)
Cosmic Ultimate T Disc1225g£2,730(約38万円)
Cosmic Ultimate T1220g£2,730(約38万円)
Cosmic SLR 65 Disc1650g£1,650(約23万円)
Cosmic SLR 45 Disc1470g£1,650(約23万円)
Cosmic SLR 401370g£1,650(約23万円)
Cosmic SLR 32 Disc1499g£1,650(約23万円)
Cosmic SL 65 Disc1760g£1,050(約14万7000円)
Cosmic SL 45 Disc1585g£1,050(約14万7000円)
Cosmic SL 401599g£1,050(約14万7000円)
Cosmic SL 32 Disc1499g£1,050(約14万7000円)
Ksyrium Pro1410g£860(約12万円)
Ksyrium SL Disc1550g£590(約8万2600円)
Ksyrium SL1450g£590(約8万2600円)
Ksyrium S Disc1610g£360(約5万円)
Ksyrium S1680g£360(約5万円)
Allroad Pro Carbon SL Road+1550g£1,730(約24万2000円)
Allroad Pro Carbon SL 7001445g£1,800(約25万2000円)
Allroad SL Road+1550g£590(約8万2600円)
Allroad SL 7001580g£590(約8万2600円)
Allroad S 7001790g£409(約5万7000円)
情報源記事より

Amazon:Mavic製品一覧ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください