クベカ・アソスが全選手を発表。チーム編成完了

クベカ・アソス(Qhubeka ASSOS)が、昨日に続き2名の新しい選手との契約を発表したと同時に、2021年度に向けたチーム編成を完了。所属する全ての選手を発表した。

最後の最後に新しく追加された2名は、このTwitterのとおり、SunwebのRobert PowerとJumbo-VismaのBert-Jan Lindeman。

2021 Qhubeka-ASSOSの選手リスト

1.    Sander Armée  (Belgium)
2.    Fabio Aru (Italy)
3.    Carlos Barbero (Spain)
4.    Sean Bennett (USA)
5.    Connor Brown (South Africa/New Zealand)
6.    Victor Campenaerts (Belgium)
7.    Dimitri Claeys (Belgium)
8.    Simon Clarke (Australia)
9.    Nicholas Dlamini (South Africa)
10.    Kilian Frankiny (Switzerland)
11.    Michael Gogl (Austria)
12.    Lasse Norman Hansen (Denmark)
13.    Sergio Henao (Colombia)
14.    Reinardt Janse van Rensburg (South Africa)
15.    Bert-Jan Lindeman (Netherlands)
16.    Giacomo Nizzolo (Italy)
17.    Matteo Pelucchi (Italy)
18.    Robert Power (Australia)
19.    Domenico Pozzovivo (Italy)
20.    Mauro Schmid (Switzerland)
21.    Andreas Stokbro (Denmark)
22.    Dylan Sunderland (Australia)
23.    Harry Tanfield (Great Britain)
24.    Karel Vacek (Czech Republic)
25.    Emil Vinjebo (Denmark)
26.    Max Walscheid (Germany)
27.    Łukasz Wiśniowski (Poland)

以上27名。残念ながら入部選手の名前はない。

4 thoughts on “クベカ・アソスが全選手を発表。チーム編成完了

  1. あら~、入部選手の名前は無いのか・・・残念。
    別府ちゃんは、EFに加入するってグッドニュースがありましたけど、
    入部選手も、どこかのワールドチームで拾ってくれないかなぁ?

    1. ひょっとしたらシマノに復帰となるかもしれないブヒね。あるいはシマノでコーチとか?

  2. 入部選手は残念ですが、結果的にはなかなかいいメンバーがそろいましたね。
    あとはアルが復活するだけ・・・!

    1. なかなかおもしろいチームになった感じがあるブヒね。
      まぁ現実問題、アルでグランツール総合を狙えるようなチーム力でもないので、アルとしてもまずは自由に走り、来年の1年はグランツールでステージ優勝を複数つかむこと実現して欲しいブヒね。
      そして自信をつけて、輝いていた若きあの頃に戻るという道筋を描いて欲しいものブヒ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください