Bora-hansgroheがスキー登山家と契約

少し前に、「スキー界から再び化け物が?元オリンピック選手のアルコが、Androni Sidermecと契約」という記事で、元スキージャンパーだったプリモシュ・ログリッチに続くスキー界から転身する選手を紹介した。

だがしかし、スキー界からの刺客はそれで終わらなかった。なんとピーター・サガンを擁するワールドツアーチームのBora-hansgroheも、スキーヤーと契約した。

情報源:Bora-Hansgrohe add ski mountaineer Anton Palzer to 2021 roster

そのスキーヤーとは、アントン・パルツァー(Anton Palzer)。ドイツ人のスキー登山家である。実はすでに夏のチームキャンプに参加していて、そこで見せた身体能力の高さにBora側が目を付けた。特にVO2Maxの値がとんでもないらしい。

パルツァー本人もかつては自転車選手に転身しようかと思ったことはあったらしいが、やはり自分の専門分野とはかなり違うので無理だろうと考えていたらしい。しかし、新しい挑戦を求めていたこともあり、チーム側のオファーに乗った形で今回の契約が実現した。

来年の3月まではスキー登山の世界選手権に注力し、その後4月から本格的にチームに合流するもよう。

本人としてもいくら身体能力が高くても畑違いのロードレースで結果を出すのは困難とわかっているが、それでも人生の新しい挑戦を追い求めたかったもよう。

4 thoughts on “Bora-hansgroheがスキー登山家と契約

  1. 他競技からでも挑戦しやすい土壌?みたいなのがあるのはいいことですよね。
    まあやることが単純だから後からでも始めやすいだけとも言えますが。

    彼もとんでもないダウンヒルとかするのだろうか…

    1. ガチスプリンターでもない限りは、MTBやBMXみたいな運動神経(?)が絶対必要そうな競技じゃないから、始めやすいのはたしかだと思うブヒね。

      雪山のとんでもない急斜面とか滑降してそうなイメージあるから、たしかに重心移動とかめっちゃ上手そうブヒね。

  2. このダウンヒルレース楽しそうだから、出てみたいなぁ。
    志賀高原、野沢温泉、白馬辺りなら距離も取れそうだし、
    スポンサーも付くだろうな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください