スペシャライズド(Specialized)の特許画像

スペシャライズドの新Roubaixはフルサス!?

トップフレーム内部にサスペンションを埋め込む特許をスペシャライズド(Specialized)が申請している。

特許情報:Bicycle with compliant seat post interface:US20190308680A1

スペシャライズド(Specialized)の特許画像

この特許は2018年に申請されたもの。そして、トップチューブにおいてシートチューブと交わるところにサスペンションを組み込み方式になっている。

この内蔵されたサスペンションがシートポストと連携しながら衝撃を吸収・減少させると思われる。シートポストも真っ二つに分割されるような方式となっているのが画像からうかがわれる。(ただ図面上省略されているだけのもよう)

既存のRoubaixにはすでにスペシャライズド独自のフューチャーショック(Future Shock)というサスペンションシステムがヘッドチューブに導入されている。それにあわせてもしこの特許のようなシステムを組み込むのならば、いわば「フルサスペンション」と言えるものになる。

スペシャライズド(Specialized)の特許画像
スペシャライズド(Specialized)の特許画像

特許で特徴的なのは、そのサスペンションのパーツそのものだけではなく、シートポストの長さもである。BBの近くまで届くような長さになっている。

この長さが一体なにを意味しているのか。ド素人の自分にはわからないが、上部がシートチューブ内でフレームのある方向に対して傾いたり、動いたりすることで衝撃をいなす(?)という感じなのだろうか。

2 thoughts on “スペシャライズドの新Roubaixはフルサス!?

    1. なるほど、たしかになんか短いなと思ってたら省略だったのブヒね。

      コメントあざっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください