【史上初?】クリンチャータイヤが石畳モニュメントを優勝。今後はプロもクリンチャーか?

昨夜のロンド・ファン・フランデレンを前にして、Deceuninck-QuickStepがロンドでは、スペシャライズドのクリンチャータイヤTurbo Cotton Hellを使う予定との記事を書いた。下の記事がそれだ。

そして実際に優勝したのはDeceuninck-QuickStepのカスパー・アスグリーン。書いたとおりクリンチャータイヤがクラシックの王様を制してしまった。なおホイールはRovalのRapide CLX、チューブはラテックスチューブ(ブランドは不明)。このインスタの画像がそれである。

ロードレースとクリンチャータイヤ

クリンチャータイヤが「ロードレースで勝利」すること自体は、実は過去にも何度かある。昨年のツール・ド・フランスではDeceuninck-QuickStepのジュリアン・アラフィリップが通常版のTurbo Cottonでステージ優勝している。

また2016年の世界選手権個人タイムトライアルでは、トニー・マルティンがクリンチャータイヤを使い世界王者に輝いている。下の過去記事を読んで思い出して欲しい。

さらに過去にさかのぼると、1992年のツール・ド・フランスでクラウディオ・キアプッチ(Claudio Chiappucci)が、その第13ステージで、ミシュランのクリンチャータイヤ(Michellin Hi-Lite)を使ってステージ優勝。

1993年のツールでも、ミゲル・インデュライン(Miguel Indurain)が同クリンチャータイヤでタイムトライアルステージで勝利。もっとさかのぼると89年のツールではローラン・フィニョン(Laurent Fignon)もクリンチャータイヤでステージ優勝を重ねていたらしい。(情報源:THE TOUR OF FLANDERS WAS WON ON TUBED CLINCHERS

ただ、おそらくロンド・ファン・フランデレンでの優勝は今回は初めてなのではないか。どうだろう。

スペシャライズドの今後の方針は?

スペシャライズドの今後の方針や、ロードレースのプロトン内部での技術が今後どうなるかはわからないが、少なくとも現状では、クリンチャータイヤが結果を出してしまっているわけで、スペシャライズドのRovalのホイール製品群も考えると同社は完全にチューブラーは捨て去るつもりなのだろう。

ただ、スペシャライズドがチューブレスとクリンチャーのどちらに注力するのかはまだわからない。スペシャライズドとしても迷っているのかもしれないし、2つともに注力するのかもしれない。

Rovalの最新ホイールRapide CLXとAlpinist CLXがともにクリンチャー専用だというのを考えると、スペシャライズドとしてはひょっとしたら、広めようとしているチューブレスすら捨て去ろうとしているのかもしれない。

もしくは舗装路しか走らないロードバイクはクリンチャーのみ、グラベルやMTBはチューブレス。こう完全に区分する方針という可能性もあり得る。

今回のクリンチャーのロンド制覇をうけて、業界の雄スペシャライズドはどのように動くのか。スペシャライズドの顧客だけでなく、他のブランドのユーザーにもその影響が及ぶかもしれない。

まぁ歴史は繰り返すと言うから、どうせ20年ぐらいしたらまたチューブラーが復権する可能性もあるわけだが。

(´・ω・`)知らんけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください