ファクターの新型バイクがジロ最終日に登場か

昨夜のジロ最終日の個人タイムトライアルで、チームイスラエルのマティアス・ブランドル(Mathias Brändle)とパトリック・ベヴィン(Patrick Bevin)が使っていたバイクに注目が集まっている。

まず次の画像を見て欲しい。

フレームがブラックアウト(真っ黒に塗りつぶされた)ペイントになっているのがわかる。

次に比較として、こちらの通常のTTバイクを。

こちらはエースのダンマーことダン・マーティン(Dan Martin)が使っていた現行のTTバイク「SLiCK」。ペイントだけで言えば全然違う。

つまりブランドルとベヴィンが使っていたのは、ファクター(Factor)の新型タイムトライアルバイクなのではないかということだ。ただこの新型と思われるバイクについては現時点で一切の情報が存在していない。ただ最終日に使われたのだろうということしかわかっていない。

現行のTTバイクのSLiCKが登場したのは2017年。なるほど4年に1回の更新と考えれば今年に新型が出てもおかしくはないタイミングだ。しかも、クリス・フルームのツール・ド・フランスへの出場が間近に迫っている。新型バイクのお披露目にはばっちりのタイミングだ。

また昨日から始まったツールの前哨戦クリテリウム・ドーフィネには第4ステージで個人TT(16,4 km)がある。そこでこの新型バイクをフルームが使う姿が見られるかもしれないと言いたいところだが・・・

この画像のように、実はそのTTは山岳TTである。なのでTTバイクを使うのかどうか微妙なところ?

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください