海外通販のWiggleが巨大企業に買収される予定。SPACとは?

みんな大好き自転車通販サイトの雄、ウイグル(WiggleーCRC)が、ヨーロッパの超巨大オンライン通販企業Signa Sports Unitedに買収されるようだ。

情報源:Signa Sports agrees SPAC deal, to buy Wiggle bicycle store – source

上の情報源であるロイター通信によると、Signa Sports Unitedはオンライン専業のスポーツアイテム小売企業として世界最大規模らしい。そして同社は企業買収だけを目的とするSPAC(特別買収目的会社)を設立する手続きを開始し、すでにニューヨーク証券取引所でその手続のための承認が認められたとのこと。

このSPACというのは、企業を買収するためだけに設立されるいわばペーパーカンパニーのようなもの。ちなみに日本ではいまだに認められていない法制度(法技術)だ。このSPACが上場して株を発行するなどでして市場などから資金を調達。それを使って買収対象となる企業を買収するシステムだ。

今回の買収のために用意される額は6億4500万ドル(約700億円)とのこと。

ロイターの記事によると、なんでもWiggleは年間に5億ドル(約548億円)の売上があるらしい。

買収される(?)Wiggleでお買い物を楽しもう

2 thoughts on “海外通販のWiggleが巨大企業に買収される予定。SPACとは?

  1. CRCがWiggleに吸収され、こんどはそのWiggleがSigna何とかに買収されるんですか!?
    買収予定額もすごい額ですけど、まだ伸び代がある、と見込まれたということでしょうね

    1. ひょっとしたらコロナが、買収の意思決定になんらかの影響を与えたかもしれないブヒね。
      実際に集める外部からの資金は300億ぐらいらしいブヒが、それでもそれだけのお金が集まるとの目算があるわけで、そこはやはり健康・スポーツ分野のビジネスには将来性があるということブヒね。
      時期的にも、世界的に金余りで投資が活発になっているようなのでグッドタイミング?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください