ツール初日でリタイアした選手まとめ。第1ステージの2度の大落車

昨夜の2021ツール・ド・フランス第1ステージの終了直後に「【大落車】2021ツール第1ステージの結果と感想」で書いたように、去年のツールと同じく初日から落車の悲劇がプロトンを襲った。

その結果、レース直後にはっきりとわかっている範囲内で約20名ほどの選手らが負傷。軽いなんらかの負傷も含めればもっと多くの選手が負傷した可能性がある。

そして次の4名が初日でリタイアとなった。

  • Jasha Sütterlin (Team DSM)→DNF(手の血腫)
  • Ignatas Konovalovas (Groupama-FDJ)→DNF(頭部の外傷)
  • Cyril Lemoine (B&B Hotels-KTM)→DNF(肋骨骨折、肺の破裂、 頭部裂傷)
  • Marc Soler (Movistar)→第2ステージは出走せずDNS(手と腕の骨折)

とりあえず昨夜の時点で判明している分はこれだけだが、今日のステージ前に誰かが追加となるかもしれない。

昨夜の第1ステージのハイライト動画はこちら。

2 thoughts on “ツール初日でリタイアした選手まとめ。第1ステージの2度の大落車

  1. 1回目の落車は完全に人災ですから、レースを楽しみに見ているファンはやるせないですね。観客が戻り活気があるのはいいけど、マナーは守って欲しいですね。以前もアスタナでしたっけ?ファンと接触して落車してましたし。

    1. アスタナのは2019年ジロ第20ステージのミゲル・アンヘル・ロペスだったブヒね?

      あのときはロペスがブチぎれて、観客を殴ってたブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください