イネオスのダニエル・マルティネスがコロナ陽性。五輪代表から外れ、代わりにリゴベルト・ウランが代表へ

イネオスのコロンビア人選手ダニエル・マルティネスが東京五輪のメンバーから外れることになった。理由はコロナ感染だ。

情報源:Daniel Martínez baja colombiana para la olimpiada por COVID-19

ダニエル・マルティネスは今年ジロ・デ・イタリアの山岳ステージでの最終アシストとしてエガン・ベルナルを助けて熱い力走を披露。ベルナル優勝の立役者となった。

その後は東京五輪に向けて調整を続けていたが、五輪開幕直前のこのタイミングでコロナ陽性が判明した。

コロンビアの五輪代表チームは、ナイロ・キンタナ、セルジ・イギータ、エステバン・チャベス、そしてダニエル・マルティネスという予定だった。マルティネスはロードとタイムトライアルの2つに出場予定だったが、マルティネスのタイムトライアルの代わりにリゴベルト・ウランがタイムトライアルに出場する。

なおマルティネスのロードレースの代役としてセルヒオ・エナオとミゲル・アンヘル・ロペスが言われているようだが、まだこの記事を書いた時点では「そもそも代役をたてるのか」そして「たてるとしたら誰か」とは正式に発表されていない。

まさに東京へ出発する直前といえるタイミングでのコロナ陽性となってしまった。

Amazon

2 thoughts on “イネオスのダニエル・マルティネスがコロナ陽性。五輪代表から外れ、代わりにリゴベルト・ウランが代表へ

    1. この記事を書いた時点(の情報源記事では)では、まだ「そもそも代役をたてるかどうか」すら正式発表としては不明だったようで、そこは書かなかったブヒ。
      と思ったら、書き方がまぎわらしかったブヒね。ちょっと修正したブヒ。

      時間が経過した今は、そもそもロードの代役が選ばれるのか、選ばれるとしたら誰なのかが決まっているかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください