イネオスはゲラント・トーマスに残留オファーも、移籍は容認。焦点は金銭面の条件か

おそらく今年の移籍市場の最大の目玉の1つで、その去就に注目が集まるINEOS GrenadiersのGことゲラント・トーマス(Geraint Thomas)。

そんなGについて、INEOS Grenadiersのディレクター、ロッド・エリングワース(Rod Ellingworth)が契約更新のオファーを出していることを明らかにした。

情報源:Ellingworth: If Thomas has a massive deal we’re unlikely to match it

この記事でエリングワースは、「ゲラント・トーマスに契約延長のオファーはしてあるが、もし彼からの要求が大きすぎるなら、移籍してもらってもかまわない。ボールはすでに彼の手にある」という内容のコメントを発している。

つまりチームとしてはオファーを受け入れるなら今後もサポートはしっかりするが、移籍したいならどうぞ。あとはGがどうしたいかだけ。チームとしてはあくまで年俸とのバランス重視という感じだろう。

言うまでもチームには若い才能としてエガン・ベルナル、トム・ピドコック、イーサン・ヘイターがいて、そして先日はオーストラリアの天才ルーク・プラップ(Lule Plapp)も獲得した。プラップとは3年契約だが1億5000万円以上の契約金だと言われている。そしてこれら以外の選手も十分に確保できている状態だ。

そんな中でもう35歳のGに支払うべき費用はさほど多く用意できないし、する必要もないという考えなのだろう。

なおGと同様に、イタリア人選手のジャンニ・モスコン(Gianni Moscon)も今年限りで契約が切れるため、残留交渉の最中だ。モスコンについては以前Deceuninck-QuickStepへの移籍が噂されていたが、本人としてはINEOS Grenadiersに残留したいようだ。

2 thoughts on “イネオスはゲラント・トーマスに残留オファーも、移籍は容認。焦点は金銭面の条件か

  1. このディレクターの口ぶりだと、提示した年棒はかなーり低そうですねぇ(ヘタすると1/3くらいとか?)
    もしそうならGはもうお払い箱ってことですね。何となく最近のイネオスはドライ感漂うなぁ…

    1. もう完全にエース待遇というのは期待できそうにないブヒね。
      たとえ残留できても、たぶん完全にアシストとして働くことが予想されるブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください