カザフスタンのプロチームのアスタナ

アスタナがルツェンコとの契約を延長

アスタナのアレクセイ・ルツェンコ(Alexey Lutsenko)が、チームとの契約を延長した。チームツイッターを。

契約期間は3年。2024年まではアスタナで走ることになる。現在29歳なので節目となる30歳前にアスタナとの延長を決め、しかも3年契約。そしてカザフスタン人であることを考えると、もうこれから引退までずっとアスタナで走る考えがあるのかもしれない。

アスタナは、今年からカナダの農業系IT企業のプレミア・テック(Premier Tech)社がタイトルスポンサーとなっていたが、来年からは同社はそれをやめるのは既報の通り。おそらく他のチームのスポンサーとなると思われる。

→関連記事:今年限りでアスタナからPremier Tech社がタイトルスポンサーから撤退

→関連記事:アスタナを去るPremier Tech社がQhubeka NextHashのスポンサーに?

その原因は、チーム内部の権力闘争というか人事権の争いだと考えられている。というのも、ツール・ド・フランス直前になって現場の最高権力者(?)の大佐ことアレクサンドル・ヴィノクロフを現場から解任。これはプレミア・テック社の意図によるものだと言われている。

しかし、カザフスタン政府の息がかかったチームであるために、カザフスタンの英雄である彼をツールという大舞台で現場から追放するのはカザフスタンには許容できるものではない。

そこで内部で対立が発生。プレミア・テック社のスポンサー離脱につながったのだろうと考えられる。

→関連記事:ニバリがアスタナへ移籍か?トレックは契約延長のオファーを出さない方針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください