エリア・ヴィヴィアーニのイネオス移籍が秒読み段階?

コフィディスのエーススプリンターのエリア・ヴィヴィアーニ(Elia Viviani)がイネオスへ移籍することが秒読み段階のもよう。

情報源:Elia Viviani set to join Ineos Grenadiers in 2022

覚えている人も多いだろうが、ヴィヴィアーニはかつて2015~2017年までチームSkyで走っていた。よってもし本当に移籍するならば古巣への復帰となる。

チームSkyから移籍したDeceuninck-QuickStep時代は勝てていたが、そこからコフィディスに移籍すると大きなレースでは勝てなくなっていた。一方で今年の東京五輪ではトラック競技ではあるもののイタリア代表として銅メダルを獲得。まだ実力は衰えていないことを証明した。

ただイネオスに戻ってきたとしても、スプリンターとして活躍できるか、勝利できるのかはかなり怪しい。ガチガチのグランツールでの総合優勝だけが目的のチームであるため、ツール・ド・フランスにもおそらく出場できないだろうし、ひょっとすればグランツール全部出場できない可能性まである。

スプリンターとして勝利も狙えない、そしてツールにも出場できない。そんな可能性があるにもかかわらずイネオスへ移籍する意味はあるのだろうか。彼の母国のジロは出場できるという話になっているのかもしれないが。

関連記事:ヴィヴィアーニがQuickStepに戻ってくる?ルフェーブルが意欲

関連記事:ガンナとヴィヴィアーニらがギニュー特戦隊(ドラゴンボールZ)のポーズをキメる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください