イネオスのオウェイン・ドゥールが移籍か

チームイネオスのオールラウンダーで28歳の英国人オウェイン・ドゥール(Owain Doull)が他チームへ移籍するもよう。

情報源:Owain Doull: I love Ineos Grenadiers but it’s time to leave

まだ移籍先は発表されていないが、情報源記事での本人のコメントでは、

“I can’t say too much about next year but I’m signed and done,”

訳「来年についてはまだあんまり言えへんけど、すでに契約は完了してるんよ」

また同時に「環境を変化させるのは良いことだし、来年からはより大きなレースで走れるチャンスを狙いたい」とも述べており、移籍することは確かだ。

オウェイン・ドゥールは、コンチネンタルチームのチームウィギンス(Team Wiggins)に所属していて、そこからチームSkyへ、そしてINEOS Grenadiersで走ってきた。

グランツール出場は2019年にブエルタ・エスパーニャに出た1回だけで、基本的にはクラシックや1週間程度のレースを中心に走ってきた。やはりイネオスにいるとグランツール出場は壁が厚いということだろう。

これまで彼は、2018年のオムループ(Omloop Het Nieuwsblad)では11位、2019年のクールネ(kuurne-Bruxelles-Kuurne)では2位、また同年のヘラルド・サン・ツアー第3ステージでは優勝などといった戦績だ。

スプリント力もあって、多少の登りもこなせてクラシックもいける選手なのでチームとしては年間を通じた稼働を期待できる選手だと思うが、はたして移籍先はどこのチームだろうか。AG2R?DSM?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください