現役選手の勝利数ランキングトップ10

現役選手の勝利数トップ10。1位はもちろん・・・

2021年10月現在の現役選手の中で誰が最も勝利数が多いかのデータを見つけたのでご紹介。次のツイートを見て欲しい。

1位は当然にマーク・カヴェンディッシュ。とにかく伝説的な強さだった全盛期に勝ちまくったのが大きい。

そして2位にはアレハンドロ・バルベルデ(通称バ師匠)。こちらも納得。全盛期は集団スプリントと石畳クラシック以外ならどんなレースでも勝てた。

3位も納得のピーター・サガン。こちらも登り以外ならどんなレースでも勝てるタイプの選手。

同数6位のボアッソン・ハーゲンとクリストフはいわゆる脚質ノルウェー軍団(スプリンターなのに登れる万能型に近い)。

ただ同じ脚質ノルウェー軍団ではあるがボアッソン・ハーゲンは独走力があるタイプで、クリストフはスプリント力があるタイプで分かれるイメージ。

同じ脚質ノルウェーとしては引退したトル・フースホフトが有名。雷神の異名をとった選手だ。スプリンターなのに超級山岳が登場したツール・ド・フランス2011第13ステージを制している。意味がわからない。

個人的にはブアニ(8位)が意外に勝っていたという印象。

9位のダヴィデ・レベリンは現在50歳で現役最年長。だがフレッシュ・ワロンヌを3回、リエージュとアムステルを1回ずつ制覇し、さらにはパリ~ニースとティレーノ~アドリアティコで総合優勝の経験もあるとんでもないおじさんだ。

10位以下は不明だが、これからの5年でタデイ・ポガチャル、レムコ・エヴェネプール、ワウト・ファン・アールト、マチュー・ファン・デル・プールらが10位近くに上がってくることが確実に予想される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください