Enter your email address below and subscribe to our newsletter

チームイスラエルがプレミア・テック社と接触していたことを認める

チームイスラエルのオーナーのシルヴァン・アダムスが、プレミア・テック社と交渉していたことを認める

Share your love

今年限りでアスタナとのスポンサー契約を打ち切るカナダのプレミア・テック社。オーストラリアのワールドツアーチームであるバイクエクスチェンジの新スポンサーになるのでは?とも噂されていたが、その可能性は否定されたばかり

関連記事: 【悲報】バイクエクスチェンジとプレミアテック社とのスポンサー交渉が打ち切り

プレミア・テック社との交渉先としては他にもイスラエル、クベカ・ネクストハッシュ、ラリー・サイクリングの名前が挙げられていたが、今回チームイスラエルのオーナーに1人であるシルヴァン・アダムスが、同社と接触していたことを認めた。

情報源:Israel Start-Up Nation: Roster nearly full, confirms contact with Premier Tech, Chris Froome to stay put

ただ、すでにUCIに提出している来年に向けたワールドツアーライセンス申請書類では、チーム名が変わるなどの変更はないため、現時点でタイトルスポンサーとして加わる事実はない。

シルヴァン・アダムスはイスラエルの国籍も有するがカナダの国籍も有する。もともとカナダ人だ。それゆえ同じカナダのプレミア・テック社との接触も当然か。経済人の集まりなどで見知った仲なのかもしれない。

シルヴァン・アダムスも会話内容の詳細は明らかにしていないものの、「現時点でどうこう言うような決定事項はない」という内容のコメントをしている。

アダムスとしては、もちろん同社が新スポンサーになってくれれば歓迎するが、同社がそれを決定するには時間が必要であり、チームイスラエル側としてはそれを急かせるようなことはしないという方針のようだ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6622

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!