自転車泥棒と盗難

【悲報】ゲラント・トーマスがライド中にピナレロ ドグマFを盗まれてUberで帰宅

INEOS Grenadiersのベテラン、ゲラント・トーマスがなんとトレーニングライド中にコーヒーショップに寄ったとき、乗っていたピナレロのドグマFを盗まれてしまった。

情報源:Geraint Thomas’ Pinarello Dogma F stolen during training ride coffee stop

現在ゲラント・トーマスことGは、高給取りのスポーツ選手が多いモナコに滞在しているのだが、その日はトレーニングライドで、イタリアとフランスの国境を流れる川に沿って走り、コート・ダジュールにあるマントンという地域にいた。そしてお気に入りのカフェに寄っていた。

詳細はわからないが、おそらくそのカフェでバイクを盗難されたのだろう。盗難後、G本人はインスタで次のような報告をしている。

これは車を運転してモナコへ帰ろうとしている画像だが、いったいその車はどこから生えてきたのかというと、カーシェアリングサービス(?)の1つとして有名なウーバー(Uber)の車だ。

なるほどUberにこういう使い方があるのか・・・

せっかくの楽しいライドだったようだが、とんだ災難を経験となった。日本でも自転車の盗難はめったにバイクが戻ってこないイメージがある。ましてや日本よりも遥かに危険な「本場」 は盗む側もガチ勢ばかりで、ひと目もはばからず堂々を盗んでいくことも多い。

Gのピナレロ ドグマFももう戻ってこないかと思われた。

しかし、数時間後!

マントンの地元警察が見事にバイクを発見。Gの手元にドグマFが戻ってきた。

犯人が誰で、どうなったのかのはわからないが、少なくともガーミンのサイコンも含めて、無事にバイクがまるまる戻ってきた。

今年はぱっとしないシーズンとなり、最後にこんな盗難という不幸もあったが、運良くバイクが戻ってきたことは、来年に向けて運気が変わるきっかけとなるか?

人生の流れが悪いときほど、ほんの小さな幸せ・幸運を大事にして脳内だけでもポジティブにいきたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください