ロードバイクとロードレース

NippoがチームEFのタイトルスポンサーから離脱か。チームEFが2022年選手リストを発表

アメリカンチームのEF Education-Nippoが、2022年度のチーム所属選手の全員を公開。ただ、下の情報源によると、昨年は「EF Education-Nippo」というチーム名だったが、今年からはNippoがタイトルスポンサーから下りるようだ。

情報源:MORTON CONFIRMED FOR 2022 AS EF UNVEILS ITS ROSTER

2022のチームEF選手リスト

  1. Daniel Arroyave(コロンビア)
  2. Alberto Bettiol(イタリア)
  3. Stefan Bissegger(スイス)
  4. Jonathan Caicedo(エクアドル)
  5. Diego Camargo(コロンビア)
  6. Simon Carr(フランスとイギリスの二重国籍?)
  7. Hugh Carthy(イギリス)
  8. Esteban Chaves(コロンビア)
  9. Owain Doull(イギリス)
  10. Odd Christian Eiking(ノルウェー)
  11. Ruben Guerreiro(ポルトガル)
  12. Ben Healy(アイルランド)
  13. Alex Howes(アメリカ)
  14. Jens Keukeleire(ベルギー)
  15. Merhawi Kudus(エリトリア)
  16. Sebastian Langeveld(オランダ)
  17. Lachlan Morton(オーストラリア)
  18. Hideto Nakane(日本)
  19. Magnus Cort Nielsen(デンマーク)
  20. Mark Padun(ウクライナ)
  21. Neilson Powless(アメリカ)
  22. Sean Quinn(アメリカ)
  23. Jonas Rutsch(ドイツ)
  24. Thomas Scully(ニュージーランド)
  25. James Shaw(イギリス)
  26. Georg Steinhauser(ドイツ)
  27. Rigoberto Urán(コロンビア)
  28. Michael Valgren(デンマーク)
  29. Marijn van den Berg(オランダ)
  30. Julius van den Berg(オランダ)
  31. Łukasz Wiśniowski(ポーランド)

以上の31名。

今年からNippoがタイトルスポンサーから離脱?

昨年から日本企業ニッポ(Nippo)がチームの共同タイトルスポンサーとして加わっていたが、どうやらそれは1年限定だったようだ。

上記情報源記事では、今年からは同社がその地位を離れ、新チーム名が近日中に発表されるだろうとのこと。ひょっとしたら新しい共同タイトルスポンサーがつくのかもしれない。

ただNippoはあくまで共同タイトルスポンサーとならないだけで、チームのスポンサーの1として関与を続けるのだろうと思われる。

なおNippoはその親会社がENEOSであるが、親であるENEOSがゴールドマン・サックスと組んでNippoへのTOBをしかけて成功した。これが昨年12月。

なお、上場している子会社(Nippo)を、それを支配する上場企業の株主(ENEOS)がLBOによって非公開会社とした例はあまりなく、今後そうした例が増えると法律上ホットになりそうな事例だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください