ロードレースとロードバイク

キンタナ問題でアルケアが危ない?8/22時点のUCIチームランキング。

UCIが8/22に最新のUCIポイントを反映させたランキングを発表した。そのチームランキングを見てみよう。

順位チーム名3年分のポイント
1JUMBO-VISMA (TJV)34,654
INEOS GRENADIERS (IGD)32,553
QUICK-STEP ALPHA VINYL TEAM (QST)32,131
4UAE TEAM EMIRATES (UAD)30,397
5BORA – HANSGROHE (BOH)23,814
6BAHRAIN VICTORIOUS (TBV)23,087
7ALPECIN-DECEUNINCK (ADC)19,607
GROUPAMA – FDJ (GFC)19,039
TREK – SEGAFREDO (TFS)18,170
10 INTERMARCHÉ – WANTY – GOBERT MATÉRIAUX (IWG)17,288
11 ASTANA QAZAQSTAN TEAM (AST)15,844
12AG2R CITROEN TEAM (ACT)15,801
13TEAM DSM (DSM)15,144
14 TEAM ARKEA – SAMSIC (ARK)14,776
15 COFIDIS (COF)14,246
16TEAM BIKEEXCHANGE – JAYCO (BEX)14,169
17 EF EDUCATION – EASYPOST (EFE)14,037
18 MOVISTAR TEAM (MOV)13,977
19LOTTO SOUDAL (LTS)13,352
20ISRAEL – PREMIER TECH (IPT)12,983
21TOTALENERGIES (TEN)9136
22UNO-X PRO CYCLING TEAM (UXT)6410
23B&B HOTELS – KTM (BBK)5436
情報源:UCI World Tour Promotion and Relegation Weekly

多少の順位の入れ替わりなどはあるものの大きな変化というものはない。

一方でやはり注目すべき点はアルケア・サムシック(Arkéa-Samsic)だろう。キンタナの件があるからだ。

先日UCIからキンタナによる禁止薬物トラマドールの使用と今年のツール総合成績の剥奪が発表されたのは誰しも覚えているだろうが、今回のUCIランキングではそのキンタナが稼いだUCIポイントについては無効扱いとなっていない。つまり、これまでどおり普通に加算されている。

キンタナはスポーツ仲裁裁判所で争う姿勢だが、仮にそこでキンタナが敗北した場合はUCIの処分が確定し、彼がツールで稼いだ450ポイントがなくなる。

ただ、その450ポイントがなくなっても現時点でのポイント数を考えるとまだ少し余裕はある。

しかしアルケアよりも下位のチームが現在開催中のブエルタ・ア・エスパーニャで奮闘することを考えると、決して安穏とはしていられない。

バイクエクスチェンジはサイモン・イエーツ(Simon Yates)が安定的にポイントを稼げる可能性があること、チームEFも積極的に動くこと、モビ☆スタもバルベルデとマスでポイントを稼げそうなことなどが考えられるからだ。

そうしたことを踏まえると、キンタナのトラマドール問題の法律闘争がどうなるかが大きな焦点となりそうな感じがする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください