ロードバイクとロードレース

【!?】アダム・イエーツがUAEへ移籍。ポガチャルのリベンジに強力な援軍?

衝撃的なニュースが発表された。現在イネオスで走る英国人アダム・イエーツ(Adam Yates)がタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)のいるチームUAEへ移籍することが発表されたのだ。UAE公式ツイートを見てほしい。

契約は3年で2025年までとなる。

今年でイネオスとの契約が切れるアダム・イエーツについては、これまでイネオスに残留する可能性が高いというニュアンスで報道がなされたときもあった。

たとえば、次の記事でそうした可能性を紹介してきた。

今回UAEがかなり良い条件を提案してきたのか、それともイネオスが残留交渉で良い材料を示せなかったのか、どういった経緯があったのかわからないが、強力な総合系エース候補をUAEは得たことになる。

アダム・イエーツは2021年にイネオスに移籍。昨年はボルタ・ア・カタルーニャ(Volta Ciclista a Catalunya)で総合優勝、ブエルタ・ア・エスパーニャでは総合4位。イル・ロンバルディアでは3位。という好成績を収めた。

今年はUAEツアーで総合2位、パリ~ニースで総合4位、ツール・ド・フランスでは総合9位、ドイツ・ツアーで総合優勝などの成績だった。

来年のツールで、アダム・イエーツがタデイ・ポガチャルのアシストを務めるのか、ダブルエースのように走るのか、それともジロやブエルタに出るのかなどはまだわからないが、UAEからルイ・コスタがアンテルマルシェへ移籍してできる穴を十分に埋められる実力者と言えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください